つちねこ@Country Life

 
 

ココロの光

  1. 16:38:18
蔦
Nikon F2 Photomic / Ai-S 55/2.8 Micro / Ilford PAN F+ 50

時折、無性に、蔦を美しく感じます。
「美しい」っていうのではないかな。「ココロを揺さぶられる」というか。
蔦は、光を求めて、貪欲に、どこまでも伸びてゆきます。
最初は、光の届かない、暗いところから生えると思うんです。
そこから、伸びて伸びて、光を求めて先のほうへ。
光を浴びているところは、その結果なんですよね。
そんなことを、思いました。

つちねこは、光が見えません。
この年になっても、まだ、何の光も見えません。
「光が見えた」って思えた時期が何度かあっただけに辛いけど。
でも、そういうものなのかもしれないです。

でも、折れないで。
生きていたくないけど、消えたいけど。
でも、今、現に生きてるから。
反省して、考えて、光を見つけたいと思います。

光を求めること、それが、つちねこの写真行為なのかな、と思います。
つちねこの、ココロの光が、いつか写真に出来たら。そう、思います。

 
 
 
 

昨日の顛末

  1. 05:56:34
ここ数日、泣き言を続けてきたつちねこです。
昨日、上司との2回目の面談を受けてきました。

課長・部長との面談だったのですが、まず、
「前回の面談でああいう方向(退職)を考えたけれども、今はどう?」

つちねこ的には、「辞めることも視野に入れなければならないが、思い切れない」って感じだったんですが、そう取られてたんだなぁ、と。
それだけ、「辞めて欲しい」ということなんだろうなぁ、と。

「会社に迷惑をかけていることは申し訳なく思っているが、今の精神状態で大きなことを決めるのは、なるべく避けたいと思っており、できれば、仕事を続けるか、療養休暇をもらいたい」
との旨を話しました。

部屋を沈黙が覆いました。
部長・課長とも、相当困っています。

「要するに、前回の話は白紙に戻して、療養したい、と言うことですね?」

あぁ、相当、辞めることに期待してたんだろうなぁ…。

ここから、保証人の問題が…、会社としては「辞めろ」とは言えない(法律的に)…、同僚は凄く頑張っていて(士気の問題が)…、と色々お話がありました。
つちねことしては、一つ一つ、うなずくしかありません。

その後、
「…、では、療養を希望と言うことで。無期限で。」
正直、つちねこは、震えてました。(情けない…。)

お願いをして、帰ってまいりました。
どういう形になるのか、まだ分かりませんが、来週、人事的な話があると思います。

つちねこは、不要、を通り越して有害、ということです。
分かっていたことでは有るのですが、やっぱり辛い…。
とにかく、もう、疲れました…。

 
 
Home
Home