つちねこ@Country Life

 
 

南三陸(2)

  1. 21:05:25
Shizugawa station (minami-sanriku)
SIGMA DP1 Merrill / ISO 100, f/11, 1/250 / color mode: standard

旧志津川駅前。
駅舎の周りも、津波ですべて押し流されていました。

Power shovels (minami-sanriku)
SIGMA DP3 Merrill / ISO 100, f/8, 1/250 / color mode: standard

おそらく、この辺りも2年前までは町並みが広がっていたのでしょう。
今は、一面が見渡せてしまいます。
整地に使われているのか、ところどころに重機の姿も見られました。

summer grass & heap of rubble (minami-sanriku)
SIGMA DP3 Merrill / ISO 100, f/8, 1/160 / color mode: standard

のどかな、東北の夏の日でした。
その視線の奥に映る、まだ積み上げられただけの瓦礫の山。

震災から2年以上が経って、
まだこんなものなのか、ぼくは何を見て、何を知っていたつもりになってたのか、
正直なところ、呆然としました。
何も知らなかったし、分かってなかった。

trackback (-)     Comment 0
 
 
 
 

南三陸(1)

  1. 22:11:27
evening on Shizugawa bay
SIGMA DP1 Merrill / ISO 100, f/9, 1/60 / color mode: landscape

土曜日と日曜日に有給休暇を1日足して、宮城県の南三陸町に行って来ました。
石巻市と気仙沼市に挟まれた、三陸海岸南部の静かな港町です。

Michi-no-Eki Tsuyama (a gateway station to Sanriku area)
SIGMA DP1 Merrill / ISO 100, f/11, 1/320 / color mode: landscape

三陸の、リアス式海岸に特徴的な、山と海に囲まれた町です。
仙台からレンタカーを借りて、松島・石巻方面から入って行く道のりでは、
美しい里山の風景や、北上川下流の豊かな流れを楽しむことができます。

Areshima / 荒島
SIGMA DP3 Merrill / ISO 100, f/2.8, 1/80 / color mode: landscape

山間を抜けると、海に繋がる道に入ります。
かもめの鳴き声がやや騒々しいけれど、静かでとても蒼い海が広がっていました。

trackback (-)     Comment 2
 
 
 
 

踊ろう、明日と

  1. 23:45:39
May Dayは花の女神の祝祭日であったとか
Tele-Elmarit 90mm f/2.8 (Leica M5) / f/4, ss: unknown / DNP Centuria 200 (EI200)

東京に帰ってきた頃、吉祥寺の路上ライブでDrakskipの音楽に出会いました。
(その時の日記:2010.6.6
それから、北欧の伝統音楽をベースにした、うねり、弾けて、包み込むような音の流れにはまってます。

京都を中心に活動してるバンドなので、東京で耳にできる機会がなかなかないんですが、
アルバムリリースツアーに東京が組まれてたので、3年ぶりの生演奏を聴きに。



ニッケルハルパ/5弦ビオラ/12弦ギター/様々なパーカッションが紡ぎだす、
身体の周りで奔り弾け飛ぶような音の奔流を楽しんできました。(*´ω`*)



ツアータイトルは「踊ろう、明日と」。
昨年の夏、スウェーデン・フィンランドを巡り、本場のプレイヤーたちから数多くの刺激を得た体験からつけられたそうです。

ほんのひと月程度の旅で、自分を変える程の体験ができるのか、疑いつつの出発でありながら、
一日一日の充実が、少しずつでも確かな変化をもたらしてくれる。

だから、今日を一生懸命に。
新しくなる自分と、明日と、踊るように今日を生きるような。
そんなふうに感じられる言葉でした。



...anyway,
くるくる回って踊りたくなるような音楽が好きなかた、おすすめですw ( • ̀ω•́ )b✧


Drakskip×STUDIO-SHINLIY 「太陽を牽く馬」

trackback (-)     Comment 2
 
 
Prev.
Prev.
Home
Home
Next
Next