つちねこ@Country Life

 
 

The night's dream

  1. 06:41:29
days(Nov.2010)- 51
Mamiya-6 Automat / D.Zuiko F.C. 1:3.5 f=7.5cm / Fuji Neopan 100 Acros / D-76 (1:1)

突然、長野県の山の中にあるとある高校の教師として赴任することになった。学校のあるその温泉地は街全体が斜面の様な坂の町で、それなりに発展した地方の小規模都市という趣き。暮らしやすそうではあった。

古ぼけた木造の家を借りた。偶然勤務先の学校も、築70年は経っていそうな木造平屋であった。これも偶然、1年前からJ氏が赴任しており、その古い木造校舎の一室を借りて教師をしながら研究しているようであった。

生徒さんは、美男美女が多かった(J氏は、そのうちの一人と親密なようだった)。まったりした話しやすそうな雰囲気の学校でもあり、これはこれで愉しい生活が予感された。

ある日、登校するために学校に続く坂道を登っていると、坂の上から大きな虎が走ってきた。何事か分からないまま、取り敢えず道端の大きな木に登ってやり過ごそうとした。虎に続いて、馬やキリンや、見たことのない大きな動物も群れをなして突進してきた。

同じく樹上に避難してた近所のおじさんに聞いてみると、山上の動物園の堤防が決壊し、動物が逃げ出してきたとのことだった。たまにあることらしいのだが、危険なので逃げたほうが良いと教えてくれた。ぼくは、取り敢えず街まで逃げた。

家のある筈の場所まで帰ると、何故か、ぼくが3歳まで預かってもらっていた「おばちゃん家」になっていた。おじちゃんもおばちゃんもお姉ちゃんも凄く若く、ぼくを知らないと言った。良く聞いてみたら、今年は1977年ということだった。

30年以上時を遡った理由を知るために、ぼくは東京に戻った。上野で電車を降り街を彷徨い、古いカメラ屋に入った。一見さんはお断り、ということでちょっとしょんぼりした。店を出て、隣の古本屋に入った。目が覚めた。

という夢を見ました@2010.12.27
えらくはっきりした夢を久しぶりに見ました。
忘れるのが勿体無いので、メモ的に。。。なんだこの妄想わwww

 
 
 
 

Luminarie

  1. 07:00:00

iPhone 3GS

神戸に滞在してた期間は、神戸ルミナリエと重なってました。
宿泊してたホテルの真ん前を通る道路が、ちょうどルミナリエ会場だったりして…。

仕事先から帰ると、毎日、少しだけお祭りを楽しめるという環境で。ヾ(*ΦωΦ)ノ


Leica IIIa / Summaron f=3.5cm 1:3.5 / Ilford HP5 Plus / D-76 (1:1)

…とは言え、今回の出張は最初から最後まで体調を崩してまして…。
病気とかではなくて、単純に疲労が溜まってるだけだったんですが。
それだけに、休む以外にはどうにも手のうちようがないという…^^;

夜に遊びにいく予定も立ててたのに、全部キャンセルせざるを得ず(血涙)


Leica IIIa / Summaron f=3.5cm 1:3.5 / Ilford HP5 Plus / D-76 (1:1)

毎晩、仕事先から帰ってきては、
ホテル〜コンビニの間を往復する間にルミナリエをちらりと愉しむ…という。

で、コンビニで夕飯のお弁当を買ったりするわけですが、
その周りで、ロマンチックな夜を愉しむかぽーやふぁみりー達が、
おでんとかお菓子とか買ったりしてるわけで。

………('A`)ヴァー

 
 
 
 

Kobe airport

  1. 22:00:21

DP-1

(よーやく、仕事の年内の山を越えましたよ、と…たぶん、きっと、お願い…^^;)

今回の神戸出張では、はじめて飛行機を利用してみました。
東京⇔神戸間って、新幹線使うよりも安いんですよね、飛行機…。

当然ながら、飛行機の方が圧倒的に早いし…。
旅行でもなければ新幹線選ぶ理由って無くね? ( ゚Д゚)ハァ?


……
くらいに思ってたんですが…。


Leica IIIa / Summaron f=3.5cm 1:3.5 / Neopan 400 Presto / D-76 (1:1)

本数がない。
それ以前に、安いチケットなので便変更が効かない。
飛行機も空港も含めて、休める場所がほとんどない。

.........................................................................orz

最終日、思ったより早く上がれたと思ったんですが…
疲れきった状態で呆ける以外に時間の潰し様がなく。(´・ω・`)


Sigma DP-1

空港から見える夜景が綺麗だったのが、せめてもの慰めみたいな…。
次からは、ちゃんと休憩のこともしっかり考えないといけないなぁ、とか…。

 
 
Prev.
Prev.
Home
Home
Next
Next