つちねこ@Country Life

 
 

坂の上の雲

  1. 23:50:43
苫小牧の海もあと僅か… その3
Contax AX / Makro-Planar 60/2.8 / Ferrania Solaris 200 / CN-16L

昨日は、毎月恒例のTONEライブでした♪

喰った呑んだの挙句に、帰り道で悲惨な目にあったりで、
色々山盛りの時間を過ごしたんですが…
まだ、写真が現像できてない… (ll∀)ァハハ-

…フィルムカメラフェチの泣き所だなぁ…

というワケで、そちらは次の記事くらいでアップいたします♪

苫小牧の海もあと僅か… その4
Contax AX / Makro-Planar 60/2.8 / Ferrania Solaris 200 / CN-16L

最近、日曜日のお楽しみが…
NHKの特別大河の『坂の上の雲』だったりします〜 ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

小さい頃から歴史オタだったこともあって、
歴史小説は、とても大好きなジャンルです♪
たぶん、一番最初に読んだ『小説』が『三国志演義(子供向け)』だったかと…。

…で、たぶん、二番目が『古典落語全集』だと思ぅ… ( ̄∇ ̄;)

どんな小学生だよwww

そういうオトコノコとしては『真っ当な道』を歩み続け…
高校生のころに、司馬遼太郎の小説に出会いました。

それから10年近くの間、つちねこのfavorite novelistでした〜 (´ー`)

苫小牧の海もあと僅か… その1
Contax AX / Makro-Planar 60/2.8 / Ferrania Solaris 200 / CN-16L

『坂の上の雲』を読み始めたのは、たぶん大学一年のころだったと思います。

…嵌りましたね、マジメに ( ̄ー ̄)ニヤリ

当時は、まだ『物語』ではなく『歴史叙述』として読んでたこともあって、
それだけに、その緻密な物語性に熱中しました。

こんなに熱い時代が、熱いヒトたちが『いた』のか

…ってヤツですね〜 ( ̄∇ ̄;)
『物語』なんだ、って思えるようになったのは、ワリと時間が経ってから…。

苫小牧の海もあと僅か… その2
Contax AX / Makro-Planar 60/2.8 / Ferrania Solaris 200 / CN-16L

ここ10年くらいの間、司馬遼太郎はほとんど読んでませんでした。
…読んでても、『落ちてこない』感じが否めなかったんですよね。
買い集めた文庫も、ほとんど処分してしまって…。

それでも残ったのが、『燃えよ剣』『竜馬がゆく』『箱根の坂』…
そして『坂の上の雲』でした。

たぶん、『坂の上の雲』は、読まなくなったとしても、処分できないでしょうね〜。

それだけ、いろんな意味で思い入れのある作品…で、あります。

苫小牧の海もあと僅か… その5
Contax AX / Makro-Planar 60/2.8 / Ferrania Solaris 200 / CN-16L

この作品の中で、司馬さんは『オプティミズム』ということを何度も語ります。

ろくな産業を持たない貧乏所帯である日本が、
それでも、慄然と感じる時代背景の危機意識の中で、
喰うものも喰わずに、『国家』を作り上げていく。

一方で、突如として開けた『能力主義』の時代。
家柄や資産、そういったものに足を取られること無く、
ただ『能力』さえあれば、身に付ければ、ナンにでもなれる。
そういう時代に生きる『青春』たちの、限りない明るさ。

ただただ、『先の明るさ』を見つめることの出来た大学生には、
そうしたオプティミズムは、とても眩しく映りました♪ (´ー`)


今は、さすがにそういう楽観主義はとれませんけど。
…それゆえ、一時期、司馬遼太郎から離れてたのかもしれないですね。

…ただ…
オプティミズムの見せる眩しさと、その裏の影とを、
ともに見て、飲み込む『覚悟』をした上で、『敢えてオプティミズムで身を鎧う』、
その必要性もあるのかな…、最近はそんな風に思ったりもするんデス♪


…まだ、よく分かってないんですけどね (ll∀)ァハハ-

苫小牧の海もあと僅か… その6
Contax AX / Makro-Planar 60/2.8 / Ferrania Solaris 200 / CN-16L

最近のNHKの大河と言えば、歴史オタとしてのつちねこからすると、

時代考証無視 …て言うか、もはや歴史モノとはいえねぇ…
ストーリーもなんてゆーか… 『ぬるいファミリードラマ』?
…おまけに、最近はあからさまなプロパガンダが感じられるよーな…


今年の『天地人』も全部見るのが辛くて辛くて
…結局、毎回、早送りで見てたんだよなぁ… ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
そこまでしても、なお見てる僕も僕ですけど、それで分かっちゃうストーリーも… (´・ω・`)

それだけに、今回の『坂の上の雲』は、マヂでビクビクしてました… ガク((( ;゚Д゚)))ブル

…でも、今日の放映で2回目ですが…
今のところは、なかなかにいい感じだと、つちねこは思ってます♪ (´ー`)

正直、時代考証がぶっ飛んだトコロを含めて、残念なコトは色々あったりします。

…でも…
たぶん、原作に感じたイメージである『時代としての青春』が、
ここまでのところ、皮膚感覚として伝わってくるような、そんな気がするんです♪

あと、キャスティングも、かなーり好みだしね〜 (* ̄m ̄)

…とりあえず、年内は日曜日が楽しみなんデス♪


Bump of Chicken "Stage of the Ground"

飛べない君は 歩いていこう
絶望と出会えたら 手をつなごう
哀しい夜を越えて 笑おうとするなら
唄ってやるよ ルララ



すれ違う 誰かが 落としていった
涙を数える その度に
「優しくなりたい」と願う
君は 誰よりも
優しい人 ルララ



あの月も あの星も
全て君の為の 舞台照明
叫んでやれ 絞った声で
そこに君が居るって事

迷った日も 間違った日も
ライトは君を照らしていたんだ
君が立つ 地面は ホラ
365日いつだって

Stage of the ground


Bumpが『響いて』くるのは、
『消せない絶望』と『誰かの許しを必要としない覚悟』と、その上での『優しさ』
があるからかな、とか思ったりします〜♪

 
 
 
 

> ちぇぶさん

こんばんわ♪

『坂の上の雲』は、ホントに熱いですよね〜♪ (´ー`)
時代も熱いし、ヒトも熱くて。
…ホントは、どの時代も等しく、ナンらかの『熱さ』を持ってるのかもしれないですね。
今の時代が『熱くない』ってことは、決してなくて、
必死で生きれば、いつだって『熱い』のかな、
…って、そんなことも思ったりしてます〜 (´ー`)

第一話は、ホントにイミで『序章』って感じでしたけど、
第二話は、いいシーンが多かったんですよね〜。
真之(もっくん)が残した置手紙をよんでる子規(香川照之)の表情が、
もぅ、何と言うか、なんと言っていいか… (ノД`)シクシク
あと、予備門で出会った夏目漱石(小澤征悦)たちとの学生生活も、
懐かしくもアリ、微笑ましくもアリ… (´ー`)
阿部ちゃん(好古ですね〜)と菅野美穂も、ホントにいい感じです♪

司馬さんは、そもそも『歴史小説』ということと、
文体が独特であるというコトも相俟って、
著名であるワリには、なかなか読みにくいかもしれない…です。
でも、『熱い』のを感じるには、素晴らしい作家さんだと思いますよん♪
  1. 2009/12/08(火) 23:50:56 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

> みゆきママさん

…よく考えたら、『はじめまして』じゃなかったかも…?
なんだか、とっても申し訳ございません〜 m(_ _)m
  1. 2009/12/08(火) 23:40:00 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

つちねこさん、こんばんはー!
坂の上の雲、一話は見逃したけど、2話を見た!
すごくすごくよかった!!
やっぱ生き様、熱いから、たまらんよね、あの時代は。。。
ほんまこれまた泣ける←すぐ熱くなる人。

2話目は確かに青春というか、もっくん(さねなんとか)と子規の友情がよかったなー。
あべちゃん(名前忘れた・・)が、フランス行き決めるとことかもなんかグッときた。
あと、菅野美穂もよかったな〜。
みんな演技もうまいし、とてもいいドラマよね〜。確かに毎週楽しみだわ〜♪

司馬遼太郎好きなんやね〜。
あたしもすごく読みたいんやけど、いつも途中で断念してしまう。。。
映像で見るとこんなにハマるのに・・・。
でもきっと本のがもっといいんだろうな〜。読破してみたい〜!
  1. 2009/12/08(火) 23:26:12 |
  2. URL |
  3. ちぇぶ #-
  4. [ edit]

> みゆきママさん

はじめまして♪ & ようこそいらっしゃいました〜 (=´∇`=)
お名前は、pipiさんとこやhirokunさんとこでお見受けしてました♪

記事やコメでお分かりかと思いますが、
ネガティブ路線を突っ走ってしまっているブログです〜。
そのワリに、感情の起伏が激しいので、面倒なヤツですがっ ( ̄∇ ̄*)ゞ

なので、pipiさん・hirokunさんをはじめ、
みなさまには、色々と心配をかけてばかりいるんですが…
でも、そうしたブログで出会えた方々のお陰で、
ナンとか、今日を生きさせていただいております♪

そんなつちねこでございますが、
よろしかったら、今後とも遊んでやってくださいマセ〜♪ (´ー`)
  1. 2009/12/08(火) 21:37:49 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

> ばぁたん

こんばんわ♪

次の記事がエライコトになってるなぁ…

…と思ったら、こっちではまともなコメですねぇ ( ̄ー ̄)ニヤリ
NAME欄が空欄だと、コメ新着メールが届かないので、
あちらのコメしか気付いてませんでした〜 ( ̄∇ ̄;)

そういえば、司馬さんって、たしか大阪出身でしたよね〜。
大阪外大で、モンゴル語を専攻されたんでしたっけ…。

司馬さんの甥っ子さんとお知り合い! Σ(゚ロ゚;)
それは羨ましいなぁ♪
いや、もぅ、単純にミーハーなんですけど〜 (* ̄m ̄)

大阪に行ったら、色々連れてってもらいたいところはあるんですよね〜。
…とりあえず、だんじり見たいです♪
  1. 2009/12/08(火) 21:31:01 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

みゆきママちゃん

いつも読み逃げでコメなしだったけど
今日はコメしちゃいますね
pipiさんとコラボしたりブログをとってもたのしんでいらっしゃる
あっちこっちで、つちねこさんの名前を見てたまに遊びに来てました
素敵なロマンチックな、つちねこさんブログ
゚+.(○´∀`ノノ '`゚チ'`゚チです
  1. 2009/12/08(火) 10:57:37 |
  2. URL |
  3. 秘密のコメ主さん #-
  4. [ edit]

ばあさん

テレビはあまり見ないけど 大河ドラマは大好きです
天地人が終わって、つまんないと思ってたら
坂の上の雲が始まったので 楽しみに見ています

縁あって、キューバで知り合いになった人が司馬遼太郎さんの甥っ子さんで、
その人が縁で、東大阪にある司馬遼太郎記念館を見学に行きました
つっちーも大阪に来た時には 案内したげるよ(^−^)

  1. 2009/12/08(火) 09:40:11 |
  2. URL |
  3. 秘密のコメ主さん #-
  4. [ edit]

> ちびたさん

こんばんわ♪

戦国無双とわ…そっちで来ましたかぁ… (。-`ω-)

そちら系がお好きでしたら、戦国BASARAとかはいかがでしょ?
ゲームはやったこと無いのでわかんないんですが、
アニメは…爆笑ものでした♪ (* ̄m ̄)
…そういえば、『歴女』ってカテゴリーの方々は、
あのゲームの政宗&小十郎に嵌るんでしたっけ…。

司馬さん以外の歴史物だと…
最近読んでるのは、藤沢周平と宮城谷さんあたりですかねぇ。
歴史ものとはいえないかもしれないですけど、
酒見賢一の『泣き虫弱虫諸葛孔明』も、けっこう好きデスねぇ ( ̄ー ̄)ニヤリ

歴史系の新書を読むのもワリと好きデスがっ♪

灯台は…、そーかぁ、霧に対する配色ナンですねぇ。
確かに、ものすごーく霧の多い街なので…。
  1. 2009/12/08(火) 00:40:38 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

こんばんは

割と歴史小説好きだと自分では思っているのですが、「坂の上の雲」は読んだことありません。というか司馬遼太郎がなかったりして(^^;)
大河ドラマは見ているので、「功名が辻」「翔ぶが如く」「花神」「国盗り物語」あたりは覚えていますね。「徳川慶喜」「竜馬がゆく」は見ていると思うの
ですが記憶が・・・しかし大河ドラマ多いなぁ。

「坂の上の雲」はとりあえず録ってあるので、お正月にでも見ようかな。
きっとWiiで戦国無双3を買ったら見ている暇がないかな。

この灯台はキリでも見えるような配色なんでしょうかね。

  1. 2009/12/08(火) 00:21:50 |
  2. URL |
  3. ちびた #-
  4. [ edit]

> Tak@さん

こんばんわ♪

最近の大河ドラマは…、一話目で『毒気』を抜かれマスねぇ (ll∀)ァハハ-
…と言うか、あれ自体が、一種の『毒』のよーな…。

歌舞伎役者、僕も使って欲しくないんですよね〜。
あのヒトたち、なんで、ドラマの中でまで歌舞伎やるんだろう…。
明らかに、ドラマからも役からも、浮いちゃってるんですよねぇ。
95年の『吉宗』まで遡ってみたんですが…、
(・∀・)イイ!! ってのは、中村梅雀くらいでした… (´・ω・`)
あの方は、フツーに俳優だしなぁ…。

『鬼平』は、ハゲ同です♪

『世に棲む日日』からスタートって…、また渋いチョイスを… (* ̄m ̄)
僕は、晋作が好きで読んだんですが…
今考えると、松蔭の『静かな狂気』もいいんですよねぇ…。

『竜馬がゆく』は、竜馬フェチのバイブルみたいな本ですからね〜。
でも、あの本を読んでると、竜馬よりも海舟の方が魅力的にも思えてくるのです…。

小説や漫画のドラマ化は、難しいですよね〜。
確固たる『原作』がある場合は、ホントに…。
たぶん、原作者がそのままメガホンを取るとかじゃないと、
イメージが壊れてしまうのは必至なんでしょうね。
いっそ、めちゃめちゃに壊してしまってくれたほうが、
潔くて面白かったりするんですが〜 ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
  1. 2009/12/07(月) 23:22:25 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

> hirokunさん

こんばんわ♪

『若いころ』って、hirokunさん、まだ若いじゃん♪ ( ̄ー ̄)ニヤリ

歴史ものをドラマ化するのは、とても難しいんでしょうねぇ…。
その時代・人物に対して、そもそも読者が持ってるイメージもありますし、
Tak@さんがおっしゃってるように、
それを題材にとって練り上げた『原作のイメージ』も、強固ですから。
歴史ものは、その他のジャンルよりも一層に、
ロマンのような、叙情的な感情が多分に入るので、
それだけに、イメージの破壊は致命的なんですよね…。

> いかに影を目立たなくして
> スポットを全面にもってくるかということ

うーん、なるほど…。
そういう見方もあるんですねぇ。

僕は、たぶん、影の部分がないオプティミズムには惹かれないんだと思います。
たぶん、それは、オプティミズムですらなくて、
単なる『脳天気』なんじゃないかなぁ、とも… (。-`ω-)
拭い去りようのないナニかを背負った上での、痛々しいまでのオプティミズム…かなぁ。

…そう思ってしまうというのは、たぶん、僕がまだまだ甘ちゃんなんでしょうねぇ…。
  1. 2009/12/07(月) 23:05:35 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

> berry姉さま

こんばんわ♪

Bumpは、当面、途切れる予定がございませーん! ( ̄∇ ̄;)
どの曲も、歌詞を聞き込んでいくほどに、嵌っていく…。

…たぶん、かなりの方が、あきれ果ててスルーしてるのでわ?
berry姉さまが、毎回、反応してくださるのが、
僕にとっては、大きな潤いです〜♪ (´ー`)

読書は、僕もすっごく波がありマスね〜。
最近は、どちらかというマンガに走ってる… (。-`ω-)
活字だったとしても、小説だったり、新書だったり、色々ですし〜。
hirokunさんみたいに、コンスタントには読めないんですよね。

ここ数日は、中世史の新書を読み返しております♪

チャンネル権争いは、熾烈ですよねぇ ( ̄ー ̄)ニヤリ
僕も、結婚してたときは、
『歴史モノ』は、あまり見れませんでした… (ノД`)シクシク
…むっちゃ、キライだったんですよね、彼女…。
唯一、大河ドラマだけはOKだったんですが、
まぁ、アレは、設定時代が昔なだけの、現代ドラマですからねぇ。

…あ、そういえば、環ちゃんさんとこで、
落語ネタは、コメしてたんだっけ… (ll∀)ァハハ-
落語はホントに好きでしたね〜。
学芸会で落語を一席やったのは、あのコメの通りですけど、
落語をもとにした人形劇を創作して、みんなでやったこともあったなぁ。

…あと、初めて読んだエチーなお話は、廓噺だったり… (* ̄m ̄)
(全然、興奮しなかったのですww)
  1. 2009/12/07(月) 22:54:08 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

> タカビーさん

こんばんわ♪

なんて言いますか…
ここ数年の間、経済が左前になっている状態で、
色んなもののツケを、『家族』『地域』『学級』etc...みたいな、
ワリと『身近な共同体』に廻すのが多くなってる気がするんです。
そのためのお題目が、『昔は良い、温かい社会があった』ってヤツで…。

そんな『ユートピア』を描くためのプロパガンダの香りが、
最近の大河ドラマからは、ものすごく香ってくる気が… (。-`ω-)

それはそれで、一つの見方だとは思うんですが、
一方で、色んな立場での『責任逃れ』と『思考停止』も招いてないかな、と。

…まぁ、単に僕が『やなヤツ』なだけかもしれないですけど… ( ̄∇ ̄;)

幽霊は、確かに多いですよねぇ!
うーん、盲点でした〜 (。-`ω-)
…なんか、いろんな意味で『安直』な解決方法を選択してマスねぇ…。
  1. 2009/12/07(月) 22:37:32 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

> pipiさん

こんばんわ♪

女性の方って、歴史アレルギーな方が多いような感、ありますねぇ。
…かなーりステレオタイプな見方かもしれないですが…。
僕の前の奥さんも、すっごいキライだったんですよねぇ。
『歴史なんか語っても、ナンのイミもねーじゃん!』って〜 (ll∀)ァハハ-

…でも、最近、『歴女』ってコトバも出てきましたねぇ ( ̄ー ̄)ニヤリ

時代考証は、正直素人なんですけど、
それでも、あからさまに『ありえねぇ!』ってのがありますね〜。
習慣とか風俗とか、そういうの以外にも、
明らかに時間の間尺があわないのとか…。
相当にいい加減に作ってるんでしょうねぇ (´・ω・`)

SFは、映画も小説も漫画も、大好きデスよ〜♪
『鴨川ホルモー』、みたいんですよねぇ… (´ー`)

SFに入れて…いいと思うんですが…
  1. 2009/12/07(月) 22:29:33 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

大河ドラマは全然見ませんな〜アフゥゥーン (;´Д`)v―・~~
宮本武蔵で毒気を抜かれました・・・(* ̄ノ ̄)/Ωチーン (* ̄- ̄)人 i~ 合掌

海老蔵君・・・そのまま団十郎の名前を継がないでおくれ。゜(゜´Д`゜)゜。
歌舞伎役者と言うだけで出演させるのもどうかなぁ〜NHK“(`(エ)´)ノ彡☆ プンプン!!

とりあえず、最初に読んだ歴史小説は『世に棲む日日』!いや〜( ;∀;) カンドーシタ
竜馬がゆく・・・最終巻だけ読んだ・・・1巻から読みて〜凸(゚Д゚#)

ボクはね、小説や漫画がドラマとか映画になることを望みません・・・小説家や原作者が考えに考え抜いた内容に演出が入り、面白くない物に変えられて行くようで・・・面白くない物が圧倒的に多いと思う!

最後に、歌舞伎役者を使うのは『鬼平犯科帳』の中村吉右衛門だけでイイ・・・あれは( - _ - )イイ!

以上|////| (  )ノ |////| ウィーン(自動ドア
  1. 2009/12/07(月) 12:11:46 |
  2. URL |
  3. Tak@yuki #-
  4. [ edit]

おはようございます♪
いつも訪問&コメントありがとうございます(^^♪
坂の上の雲、私も若い頃に読破しました。
今回ドラマになっていて、評判がいいみたいですね。
歴史もののドラマは、原作のイメージが強くてギャップ
が生じやすいと思うので、つい敬遠がちなんですよね。
オプティミズム、眩さの裏側にどううしようもない現実
という影を落としているように思います。
何でもそうですが、いかに影を目立たなくしてスポット
を全面にもってくるかということが、成功への近道
かもしれないですね。
  1. 2009/12/07(月) 09:58:24 |
  2. URL |
  3. hirokun #-
  4. [ edit]

つっち〜、おはよー♪

すっかりBump♪にハマってらっしゃるようで…。
続きますね〜。
今日は、coffeeを飲みながら、聴かせていただきました〜。

私、ホント読書から遠ざかるばかりで…。(-"-;A ...アセアセ
先日もhirokunの記事でも、ご指導いただいたばかりです。
日曜日のテレビと言えば、
もうダーリンがチャンネルを離さない日なので
ダーリンが関心のない番組は、観るコトができません。
結婚当初は、大河ドラマも観てたコトもあったけど
最近はサッパリですね〜。
でも、ダーリンは歴史が大好きです。。。
大河ドラマこそ観ないけれど、
『その時歴史は動いた…』系はよく観てます。
だから、歴史モンは嫌いじゃぁ、ありません。

先日、環ちゃんとところでも笑わせてもらったんだけど
ホント、つっち〜って…
どんな小学生だったんだろーね〜。。。(。・w・。 ) ププッ
  1. 2009/12/07(月) 09:46:20 |
  2. URL |
  3. berry-berry #-
  4. [ edit]

お久しぶりです

つちねこしゃん、おはようございます。

最近の大河ドラマはプロパガンダの匂いかぁ・・・。

本当にそうですわ・・・。
なんかクサいような気がする。

で、なぜかNHKのドラマって最近やたらに幽霊が
登場しませんか?

あれもおかしいねぇ・・・。
昔はもっと上手な回想シーンとかでカバーしてた
ような気がしますよ・・・。ヾノ・´ω`・)アゥトアゥト
  1. 2009/12/07(月) 09:19:39 |
  2. URL |
  3. タカビー #-
  4. [ edit]

歴史もの

の本って苦手
でも映像でみると 魅力的な人物が描かれていて
逆に原作を読んでみたい気がします

つちねこさんの評価読んで
そかー時代考証めちゃくちゃなのかーと逆に驚いたりw
そんなわけで 荒唐無稽なSF大好きです(関係ない?)

  1. 2009/12/07(月) 08:25:41 |
  2. URL |
  3. pipi #-
  4. [ edit]
 
 
 
 

Edit comment

site owner only

 
 
 
 

trackback

 
 
のだめとアイシールドのお話♪
のだめとアイシールドのお話♪
Home
Home
キャッチされたみたい(BlogPet)
キャッチされたみたい(BlogPet)