つちねこ@Country Life

 
 

Holga @ 港 / ちょっと考えたコト

  1. 23:01:01
Holga @ 港 その1
Holga 135BC / Ferrania Solaris 400

…それでわ、『お天気が悪かったコロの港』の写真を♪ ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

えと、色んなモチベーションがガッツリと落ち込んでた、つちねこだったんですが〜。
ナニか見つけなきゃっ』って思い、やってみたコト…
その1つが、今回使った"HOLGA 135BC"というカメラです♪ (*´・ω-)b

…もう1つは、
『雨と潮風でワヤクチャな海モノクロで撮る』
とゆー、無謀&不健康(風邪が悪化シマス)な試みだったんですが… (ll∀)ァハハ-
その写真は、また別の機会に♪

Holga @ 港 その2
Holga 135BC / Ferrania Solaris 400

HOLGAを手に入れたきっかけは、コチラをドゾ♪

一見してお分かりかと思いますが…
いつもとは、全然、テイストの違う写真が撮れマス。 Σ(・ω・ノ)ノ

特徴的なのは、全体に『ぼんやり』してること、
それから、写真の四隅が黒く沈み込むことデスね〜 d( ̄  ̄)

Holga @ 港 その3
Holga 135BC / Ferrania Solaris 400

ソレにしても、コチラの写真とも、大分違う印象があると思いマス (*´・д・)*´。_。)ゥミュ
札幌の写真は、ワリとあたたかみのある雰囲気になりましたが、
今回は、かなり冷たい印象かな、と。

コレは、たぶん、使ったフィルムの違いも大きいと思いマス。

Holga @ 港 その4
Holga 135BC / Ferrania Solaris 400

札幌のときに使った"AGFA Vista 100"は、
かなーり色味が濃いので、暖かい感じの画になりましたが… (´ー`)
今回の"Ferrania Solaris 400"は、ブルーが強く出て、
冷たいイメージが強いんデス (((=ω=)))ブルブル

Holga @ 港 その5
Holga 135BC / Ferrania Solaris 400

…で、ナニがやりたかったか、と言いますと…
冷たい雨がそぼ降る人気のない港を、冷たいフィルムとぼんやりレンズで撮ったら…?
とゆーコトでしてっ♪ d( ̄ー ̄*)ネッ

つちねこは、いつも、
色の濃い、暖かい感じのするモノを撮ることが多いと思いマス。
…なので、
全く逆のコトをやってみたかったんデス

Holga @ 港 その6
Holga 135BC / Ferrania Solaris 400

いつもだったら『魅かれない』ようなヒカリを、
敢えて、捕まえてみたかった
そんな感じデスね〜♪ ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

そういうコトで、今回の写真は、かなり『実験』に近いんデス。

Holga @ 港 その7
Holga 135BC / Ferrania Solaris 400

…本来であれば、そういう写真は公開しないほうがいいのかもしれないんですが… (。-`ω-)
ナンか、怖い写真になっちゃいましたし ┴┬|ョД゚ll)))

でも、こんな写真も、つちねこの一部なのかな、と思いマシタ ('ω'*)

魅かれない』と思ってるモノを捕まえる、というコトは、
そのモノに、逆のイミで『魅かれてる』のかも知れないなぁ… なんて思いマシタ♪

…さて、以下は、『派遣切り』関係のニュースから、ちょっと思ったコトを書かせていただきマス。
文章だけで、しかも恐ろしく長いので、読んでいただくのは心苦しいので…
苦手な方は、スルーしてくださいマセ m(_ _)m
でもでも、ご興味を持っていただけましたら、幸いデス。

『年越し派遣村』を覚えてらっしゃいますか?
昨日、閉村になったとのニュースが報道されました。
就労わずか13人、厳しさ変わらず 「派遣村」閉村

あの、お正月の『大騒動』から半年、
スタートに比較すれば、あまりにもひっそりとした感が否めません。
問題は、何もまだ片付いてないにも関わらず。

センセーショナルな『派遣村』の開村のころから、
この活動には、様々な批評が飛び交いました。
派遣切りに会った方への同情や、政府の対応への批判などの一方で、
活動そのものや、支援を受ける方々へのギモンや批判も相次ぎました。

> 本当にまじめに働こうとしている人たちが集まっているのかという気もした (総務大臣政務官坂本哲志議員)
> 派遣を切られたりとか、職が無いとか、と言う方たちも何か努力しなきゃいけないですよね。権利だけを主張して、住むところ、暖かいところ、食い物をって(言うけれど)、ハローワークの方が言ってらして、仕事はあると言うんですよね。そんなにあるんだったら、とりあえず仕事をしたらどうなのかと思うことがある (みのもんた氏)

TV等の大手のマスコミでは同情論一色になる一方で、
新聞・評論・ネットニュースなどの活字媒体では、批判の声を向けるものが多かったのも事実です。

> 派遣村は12月31日に開設されたが、日にちが経つにつれ、政治、イデオロギー的なものが色濃く出るようになっていった。
> 路上生活者であっても、寒空の下にほおっておいて良いという理屈にはならないが、それ以前まで派遣先でまじめに働いていた人と、そうではない人が一緒くたに報じられていた感は否めない。
以上、【日本の議論】「派遣村」にいたのは誰か?(産経ニュース)

さらに、
派遣という働き方を『選んだ』ことによる、当然の酬いであり、自己防衛のための手段をとってこなかった責任は自分にある、
との論調もありました。

> しかも忘れてならないのは、「調整弁」である派遣を「自由な働き方」として受け入れた事実である。定かな記憶ではないが、「一生ひとつの会社にしばられるより」とか「好きなときに好きな仕事」のような論調が蔓延していたような印象が残っている。あえて冷酷にいえば、「自由」で「好きなときに」と引き換えに、「調整弁」というリスクを負わされているのが派遣なのだ。
以上、これでよかったのか「年越し派遣村」(日経BPNet)

擁護・批判、様々に論拠はあるでしょう。
批判の論旨を、一概に否定することは出来ないと思います。

ただ、一点だけ。
ラジカルに表現すれば、こういうコトバ、
『働く意思の無いものに、生きる権利はない』
という論調にだけは、どうしても納得がいきません。

『とりあえず仕事を』、『働こうという意思があるものだけに支援を』…
一見、当たり前のことにも思えるコトバです。
でも、このコトバには、『普通に働けているヒト』の驕りがないでしょうか。

今の日本は、一度『ドロップアウト』すると、復帰することは極めて困難な社会です。
仕事を失い、所持金が底を突き、家を失い、住所や保証人を失えば、新たな仕事につくことは著しく困難です。
底に向かって続く無限迷宮の中で絶望し、働くことも、生きる意思も失ったヒトに対して、『救いの手』を差し伸べることは、否定されるべきことなのでしょうか。

また仮に、『もう、マジメに働く気力は全くもてない』ヒトに対してであったとしても、その人が、それでも『生きたい』と思うならば、生存を満たすだけの支援を差し伸べることは、それほど不合理なことでしょうか。
誤解を覚悟して言えば、『働く』というキーワードは、生存を上回るほどに大事なことなのでしょうか。

もう一つの話題です。
『博士』というものについて、どのようなイメージを持っておられますか?
『高学歴のエリート』でしょうか。
『頭でっかちの世間知らず』かもしれません。
いずれにしましても、『将来を嘱望され、前途洋洋』なイメージが強いかと思います。

こんな統計データがあります。
『博士課程を卒業した人間の8〜9%は、死亡または行方不明』
> http://www.nistep.go.jp/achiev/abs/jpn/mat103j/pdf/mat103aj.pdf
> http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/004/gijiroku/020501gc.pdf

日本の自殺者は年間3万人を越えており、過去に例を見ない『生き難い世の中』になっております。
この3万人という数字は、全人口に対して0.02%という数字です。
この数字自体も放置できないものでありますが、それと比べたとき、上の8%以上という数字は、恐怖すら覚えます。
2つ目のリンク先のデータからは、年間12000人の卒業者のうち、1100人が死亡または行方不明となっています。
もちろん、行方不明者を含むので、全てが死者ではないですし、全ての死者が自殺者ではありません。
ですが、博士課程卒業者の年齢(27歳〜)を考えたとき、年間1000人を越える者の全てが病死であると考えることは、不自然であると思います。

それでは、残りの90%には『前途洋洋』な未来があるのでしょうか。
こんなデータがあります。

> http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/gijiroku/020901cn.htm

博士課程卒業者の就職率は60%を切ります。
残りの40%強のうち、20%がポストドクターと呼ばれる臨時研究員の職に就きます。
さらに残りのうちの8%〜9%は、上記の通り、死亡または行方不明であり、残る10%〜15%は無職となります

こうした実態をうまくまとめたものが、こちらになります。
> 博士が100人いるむら

なぜ、このような状況が生まれたのか。
理由は簡単です。仕事がないのです。

まず、大学の教官や、公私立の研究所でのポストは、昨今進められている予算の削減から、ポストがどんどん減っています。
さらに、博士課程卒業者は、一般企業による求人が極めて少ないのが実態です。
卒業時に、すでに30歳前後となってしまっていることや、社会経験が少ないことなどが、敬遠される原因のようです。
ポストドクターは、比較的就職しやすいポストですが、1年単位の契約で、長くとも3年〜5年しか勤められません。
そして、募集時の年齢上限は、たいてい35歳です。
つまり、38歳程度の段階で、企業なり大学なり研究所なりの職に就かないと、その先の仕事はありません。

もちろん、キャリアを無視して、どのような職でも就ければよい、という考えもあります。
収入にこだわらず、生活することだけを考えれば、それもありだと思います。
ですが、1つだけ条件が、『借金がない』ことが大きな条件になると思います。
博士課程卒業者は、多くの場合で、奨学金の返済義務を抱えています。
日本では、よほど富裕な家庭でない限り、奨学金なしでは大学院に進むことは困難です。
ですので、『借金がない』か、『借金を返済できる』くらいの収入がないと、就労が困難なんです。

たとえば、つちねこの例ですが、
28歳で卒業したときに就職活動した結果、内定は1つももらえませんでした。
もちろん、奨学金の借金は残っており、500万円ほど抱えています。
ポストドクターの口はありましたが、プロジェクトが無くなってしまえば仕事もなくなり、次の仕事を探す間はもちろん無収入でした。
安定した仕事を探そうにも、具体的な『社会人としてのキャリア』を持っていないので、仕事もほとんどありませんでした。
何とか食いつないできてはいますが、欝や病気を経て、今の状況にいたっています。

社会に出た最初から、仕事も生きる術も持たない、
博士とは、社会に出たときから『ドロップアウト』している存在、と言えるかもしれません。


この2つの話題、つちねこは、『ドロップアウトからの復活』というキーワードで結びつくように思います。

どちらの場合においても、よく言われるコトバは『自助努力』『自己責任』です。
つまり、『自分で撒いた種は自分で摘め。ムリなら死ね。』ということです。
そして、実際に、多くのヒトが亡くなっているのが、現在の日本という状況です。

『ドロップアウト』してしまった人間が、再度、社会復帰することが普通にできる世の中を。
そう、思います。
 
 
 
 

> sumicoさん
お返事のお返事、ありがとうゴザイマス♪

なるほど、
sumicoさんのお仕事からだと、
産業の前線の様子が、良く見えるのでしょうね。
つちねこは、今の会社に入って、
はじめて、『技術』を産業として活かしている場面の前線を見た思いがしてます。
そこで、不景気と言う要素があるものの、
何年かかけて、技術を習得したヒトが、
賃金が高騰してくることを理由に首を切られるのを、良く見ます。
当面の経営としては、賃金コストを削れるので、それでいいのでしょうが、
その結果の『前線』の技術力は…
目を覆いたくなるような現実がありマス…。

『博士を活かせる仕事』というのも、
たぶん、これからは、色々なキャリアパスを見るべきなんだと思ってマス。
博士というのは、『研究者』とイコールではなくて、
『特定分野において、情報を得る技術と、論理的な検討を進めることについての訓練を受けた人間』
なんだと思いマス。
つちねこも、今、仕事を探している状態ですが、
研究者・技術職も探してはいますが、
その一方で、研究者相手の技術営業や、メディカル分野でのライターやコピーライターにもアプライしてまして…。
後者については、文章を書くのが好きなのもあるので、
ワリと前のめり気味デス… ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
  1. 2009/07/05(日) 11:57:33 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

>この国は、人材の空洞になりかねない

ワタシも(たいしたお仕事ではナイケド)
中小零細企業の顧問をしているので
特に工場など 製造部門をみていると
技術がなくなっていくのを感じています。

高度な知識を習得した人材も
ドンドン国外に流れていくっていうことですよね。。。

政治家も官僚も自分の利益しか考えてない日本は ここまできちゃったんですね。。。

コメントの返してくださったのを
この間呼んでいなかったので
今頃こんなコメントになってしまいました。
ごめんなちゃい☆

でも 博士号が生かせるお仕事に就いて欲しいです・・・。
ホントにこだわらないなら 資格をバンバンとっていくらでも…?ではないの?
  1. 2009/07/05(日) 09:08:43 |
  2. URL |
  3. sumico #-
  4. [ edit]

> 環ちゃんさん
こんばんわ〜♪

デジカメのレタッチは、それはそれでオモシロイと思うんですけど、
『撮ったまま』のモノで、思いがけない一枚が撮れたりするのは、
また、違う楽しみがあるんですよね〜♪
『巧まざる巧み』と言いますか…。
『計算外の面白さ』は、やっぱり、人為的に作るのは難しいかも…。
  1. 2009/07/01(水) 23:19:19 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
Holgaですか。なんか雰囲気のある写真ではないですか。
こういう感じもいいですね。
確かに撮ったものへの編集・・これよくやりますが、やはりその場でおさえたそのままの1枚がいいのですよね。
  1. 2009/07/01(水) 21:48:05 |
  2. URL |
  3. 環ちゃん #-
  4. [ edit]

> ひつじつかいさん
こんばんわ〜♪

申し訳ない…il||li_| ̄|○il||li
4月からこっち、凹んでばかりデスょ…。
今日も、がっつり凹んできました〜 (ll∀)ァハハ-
…東京に帰りたい…

Holga、オモシロイデスよん♪
ご存知かもしれないですけど…
このカメラ、絞りの設定がF8とF11しかなく、SSも1/100のみです。
そして、レンズはプラスチック製…。
『ピント合わせ?食べ物?』って感じだし…。
でも、それだけに、ホントに何も考えずにとることが出来マス。
…とゆーか、ナニかを考える余地すらない… ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

でも、おっしゃるとおり、デジのトイカメモードよりも、全然面白いです。
やっぱり、トイカメモードは、『撮ったものへの編集』ですからねぇ。

ひつじつかいさんも、ゼヒゼヒ、チャレンジしてみてわ?
  1. 2009/07/01(水) 21:39:26 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

> Tak@さん
こんばんわ〜♪

p[反省文]q・д・`)

Tak@さんの立場では、生活保護などの実態を
ストレートに見なければならないコトが多いんでしょうね。
Tak@さんの教えてくれた実態から、
行政サービスが、まさに『事なかれ』であることが、はっきり見えると思いマス。
それぞれの個人にあわせたサービスではなくて、
サービスする側の都合に合わせた『サービス』なんですよね…。

あ、写真?
あ〜、そういえば、そんなのもありましたなぁ… ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
  1. 2009/07/01(水) 21:31:57 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

|・_・) |_・) |・) |こんばんは〜
ちょっと最近タイミング悪くてコメントは控えてたんだけど今回もなんか悪かったみたい^^;
Holgaですかー、ほんとにノイズだらけの昔の映画みたいな絵に味があってすごいですね。デジイチでもトイカメモードってあるけどわざとらしくて。トイカメの写真ってなぜか見入ってしまうけどやっぱり懐かしさをかんじてしまうんだろうか?綺麗にとるだけが写真じゃないと思わせてくれる今回の作品でした^^
  1. 2009/07/01(水) 21:30:10 |
  2. URL |
  3. ひつじつかい #-
  4. [ edit]

> masatoさん
こんばんわ〜♪

> 何気なく思ったものが写真にとって見るととても味があったりする

写真を撮るようになってから、
このコトを強く感じるようになりました。
世の中って、面白いものや可愛いものが溢れてるんだなぁって。
それから、何の目的もなく歩くのが、
楽しく感じるようになりました〜 ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

日本の生活保障の程度の低さは、異常ですよね…。
予算配分の硬直化から、保障にまわすお金を捻出することが出来ない昨今、
発想の貧困や工夫の足りなさを棚に上げて、
個々人の『責任』に問題をすりかえて、
社会保障を削ろうとする、現在の政策は…
ホントに、何とかしないといけないと思いマス。
  1. 2009/07/01(水) 21:26:56 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

> サユさん
こんばんわ〜♪

まったりモード、いいですねぇ〜。
ちょっと疲れてきたので、
ゆっくりカウチポテトしたい… ←死語?

『詩』ですか!
…ムリ! ダメ! (ヾノ'д'o)??...
昔から、散文的な文章は何とか書けるんですけど、
情緒的なのはダメなんですよ〜。
  1. 2009/07/01(水) 21:21:25 |
  2. URL |
  3. ???? #-
  4. [ edit]

> ジャガー姉さま
こんばんわ〜♪

スミマセン、ムリ言っちゃいまして… ぅぅ...(´;ω;`)ゴメンネ...

長男さん、諭吉さんトコなんだ!
オサレ男子だぁ〜♪
合気道部のインカレ的な集まりで、色んな大学の方とご一緒しましたけど、
諭吉さんとこの男子が、一番スマートでしたね〜。

今年は…、というか今年も、就活は厳しいんですね…。
不景気になってしまうのは仕方ないとしても、
不景気の『つけ』が、若年層や立場の弱いヒトに優先的に覆いかぶさる状況が、
ナンともやり切れないデス…。

つちねこが学生のときも、バブル崩壊後の低迷期に当たってましたが、
同じ講座の同級生が、ギリギリまで決まりませんでした。
進学の届けまで出したのですが、結局、卒業式の2週間前に何とか決まりましたが…。

長男さんが、希望する進路に進まれることをお祈りしてマス♪
  1. 2009/07/01(水) 21:17:12 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

> 落合画伯
こんばんわ〜♪

わぁぁぁぁぁ! 
つちねこ、あまり、キチンと考えて撮ってないんですよぉぉぉ… 。゚(●'ω'o)゚。うるうる

つちねこは、たぶんなんですけど、
『ものすごく寄る』か『ものすごく空白』
のが好きなんだと思いマス。
たぶん、中間的な写真って、あまり無いんじゃないか、と。
良く言えば、『なるべく印象的に』と言えるかもしれないですけど、
悪く言えば、『画角に頼ってる』とも言えるかな…。
でも、このサイズだから、1枚にまとまって見えますけど、
四つ切とかに大きくしたら、散漫に見えそうデス。
場合によっては、四隅を黒縁で囲ったりするのも、いいのかな…。

『視線の集中』が『限定、孤独』に通じるというコトは、
この記事へのberry姉さまのコメで、初めて気付かされマシタ。
画伯のコメもそうですけど、色々と、勉強になりマス〜。
やっぱり、『見てもらう』って大事ですよね♪
  1. 2009/07/01(水) 21:03:19 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

> 土レ味♪さん
こんばんわ〜♪

またまた、お天気が下り坂ですねぇ。
全国的なもの…なんでしょか?
九州はウチの実家があるんですが…、だいじょぶかな?

政治も政治家も、ナンだかなぁ…、という感じデス。
…ただ、『何とかして欲しい』と思うのは、ちょっと違うかな、と思ってマス。
結果として、そういう政治家を選んでるのは、我々ですもんね…。
彼らを『何とかしないといけない』、と思うのは、楽天的すぎるのかもしれませんが… (。-`ω-)
  1. 2009/07/01(水) 20:48:56 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

記事が重いぞ〜!

このところ重い話題が多いぞ〜!!
ちょっと書かせて貰うと、行政にもあからさまに生活保護などの働きたくても働けない人たちに対する差別があるのは確実だね。

生活保護の人が治療に来ても、行政が診療妨害するからね!
そのくせ不正受給者を通告してやると、それを調べるには金も人も足りませんって門前払い。
生活保護は欲しいやつ全員にやれ!でも、不正が無いかどうか厳格に監視しろ・・・といいたい。
そしたらかなりのお金が無駄にならずに済むよ。

書いてたら腹立ってきて写真のことなんかどうでもよくなってきた(*`ε´*)ノ_彡☆バンバン!!
あっ!そっちがメインか?そりゃあ失礼しました<(。_。)> モウシワケナイ
  1. 2009/07/01(水) 20:30:09 |
  2. URL |
  3. Tak@yuki #-
  4. [ edit]

こんにちは〜〜

つちねこさん、いつも心お優しいコメントありがとうごじあます。

写真の相変わらずすてきですね、きっち実際に目で見て何気なく思ったものが写真にとって見るととても味があったりするのでしょうね。

僕もドロップアウトして人間が、社会復帰できる世の中には同感です。

日本は先進国の中でもによる生活保障がきわめて弱く
社会保障給付費総額の対国民所得比を国際比較すると、日本は先進諸国に対してきわめて低い水準にあるので・・・どげんかせんといかんとです。
  1. 2009/07/01(水) 18:42:07 |
  2. URL |
  3. masato #-
  4. [ edit]

こんにちは!
仕事がお休みでまったり〜
一枚目の写真、とても素敵です。
これに詩を付けてみませんか?
  1. 2009/07/01(水) 15:03:08 |
  2. URL |
  3. サユサユ #-
  4. [ edit]

つっちーダメだよ・・・みんな真面目なコメント書いてるじゃない・・・
ここで、暴れろって言われても、浮いちゃうよ・・・(>_<)


うちの長男も、福沢諭吉さんの大学の4回生なんだけど
就活は、軒並みダメでした・・・
いつもの年なら、部活をしていれば、そこそこの企業に入れたはずなのに、
今年は、相当厳しいようです
剣道部で泣きながら4年間頑張ってたのを知ってるだけに
可愛そうな気がします・・・
就職が決まってない友達は、留学したり、大学院に進んだり、わざと留年したりするそうです
今は、やりたい仕事があるとかで、それを目指して頑張ってるようですが・・・
やはり、相当落ち込んでいたのは確かです。
でも、いくら親でもそこまでは面倒見てやれないですからね・・・
これも、本人の試練だと思って、黙って見守っています
  1. 2009/07/01(水) 11:23:24 |
  2. URL |
  3. ジャガー #-
  4. [ edit]

おっはよー

トップにもってくるだけあて
一枚目が雰囲気いいね♪
通常わたしは 四隅を白く飛ばして
絵の範囲を限定せずに
「白い空白に語らせる」のが好きなんだけど
若い頃は 黒バックにして
見る人の視線を集中させて
「限定、孤独、鋭敏」を表現するのが好きだったよ
絵にしても写真にしても
誰かに見せるのが前提だから
見る人の視線誘導から
感情を誘導して
何かを感じさせるのが重要だよね
視線が散漫になる画像、ファッションが
一番駄目だと思ってます
つっちーの写真を見て
あらためて思いました。

  1. 2009/07/01(水) 10:29:22 |
  2. URL |
  3. 落合 #-
  4. [ edit]

おはようございます(^∀^桜)σ

おはようございます(^∀^桜)σ
訪問コメントありがとうございます、感謝

雲の多い降水確率70%の南大阪です。
九州地方は大雨の状況、被害の出ない事を祈りたいです。

雇用もですが最近の政治全ておかしいと思うのは私だけでしょうか???

(*⌒ー⌒笑)o『笑う門には福来る』
応援 〜凸ヽ(。・ω・桜)ノ

  1. 2009/07/01(水) 06:42:34 |
  2. URL |
  3. 土レ味♪ #-
  4. [ edit]

> hirokunさん
こんばんわ〜♪

や〜、つちねこも、至って散文的なニンゲンなので、
大きなことは言えないんですが…。
でも、hirokunさんに『違うかなぁ…』って思っていただけるように、
もっと精進したいと思いマスっ ( ̄^ ̄ゞ
…にしても、『つちねこ写真館』って… ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
宮澤賢治に出てきそーな名前ですねぇ♪

メール、いつでもOKです!
実は、普通のサイズの現像くらいしか
やってもらったことがなかったので、
ポスカを含めて、どんなオプションがつけられるか、
明日、聞いてこようと思ってマス。

派遣の問題についてのコメ、ありがとうゴザイマス。
色んな立場のヒトから見て、色んな考えがあると思いマス。
『自己責任』という論点も、基本的には否定しては見たものの、
考えるべき点は多々あると思ってマス。
hirokunさんのおっしゃるように、権利の濫用によって詐欺まがいの行為を続けるヒトも、
確かにいますから…。
モラルの問題は、本当に難しいと思いマス。

ただ、『支援の必要が見出せないヒト』への『支援』を避けたいあまりに、
本当に必要なヒトへの支援が滞ることだけは
避けなければならないと思いマス。
極論してしまえば、玉石混交であったとしても、
玉が救えるのならば、それでも良いと思いマス。
ソレと同時に、『支援の必要性』という線引きを誰がするのか、あるいは『誰がしたのか』、
ココも、デリケートな点だと思いマス。
本当に『痛み』を分かるヒトが線引きをしているのか…
今の行政の行う線引きは、残念ながら、そのようには見えないんデス…。
  1. 2009/07/01(水) 00:52:59 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

> ナンさん
またまた、こんばんわ〜♪
スミマセン、つちねこも、うまく読み取れてなかったみたいで…。

ちょっとシニカルに考えてみると、
大学、特に学部で教えられる学問と言うのは、
時に、何十年も昔から変わらず続いてる授業だったりするんですよね。
理系であれ、文系であれ、旧態依然とした『科目』の分類に従うままで、
現在の社会に即した『学問』は、なかなか学べる機会が少ないのかもしれません。

アカデミックまで進まないとしても、
今の学生が『学びたい』と思うような学問は、昔ながらのそれではなくて、
多面化した社会の実態に即した、多数の分野が複合した領域なのかな、と思いマシタ。
たとえば、情報領域と経済領域と農業領域の複合=広義の農業であるとか、
社会学領域と歴史学領域と美学領域と物理学領域=写真とか…。
あぁぁぁぁ、コレは、つちねこが興味あるだけか… (´・ω・`)

勉強したことは、たとえ、仕事として応用することが出来なくても、
そのヒトを形成する、大事な柱に成ってると思いマス♪
物事の発想とか、考え方の展開とか、そういうものは、学んだバックグラウンドに大きく影響されると思いマス〜。

学生のお子さんをお持ちの方は、この社会情勢では、先行きが不安ですよね…。
何とか、少しでも好転してくれるといいんですけどね〜。
  1. 2009/07/01(水) 00:23:26 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

こんばんは♪
いつも訪問&コメントありがとうございます(*^^)v
写真に関しては、まったく無知なんで違いすらわかりません(笑)
つちねこ写真館のファンとして、つちねこさんのフィルターから映る光景を楽しませてもらってるだけです。
あっ、メール・・・
週末までには送りますんで、よろしくお願いしますね。
派遣に関しては、以前私も記事にしました。
非常にデリケートな問題で、様々な角度から論じる必要があると思います。
つちねこさんがいう、ドロップアウトして人間が、社会復帰できる世の中には同調ですね。
ただ悲しいかな、ドロップアウトの振りをして、詐欺まがいの人間も多数いるのが今の日本です。だから、高圧的な論調で語られてしまうのかもしれないですね。
お身体、ご自愛くださいね。
  1. 2009/06/30(火) 23:41:37 |
  2. URL |
  3. hirokun #-
  4. [ edit]

追記

大学の事は誤解を与える書き方をしてしまいました<(_ _)>
別に日本の学生がやりたい事や目標を持ってないという意味ではなく、むしろ、やりたい事があっても受け皿が少ないといいますか…。
アカデミックな学問は、なかなか興味を持ってもらえないというのは、悲しいことだと思うのです。
学生だから勉強だけしていればいいとも思いませんし、興味のある研究もやれて、部活や友達つきあいも出来て、楽しく生活でき、頑張る時に頑張れたらそれが理想ですよね。
私は好きな事が学べたことは良かったと思っていますが、後でまったく活かせていないのは恥ずかしいです。
親にも文句をよく言われました!

さて、息子も大学生なので、今後の事も心配です。
ちゃんと、就職できるのだろうかとか(-_-;)
  1. 2009/06/30(火) 23:28:41 |
  2. URL |
  3. ナン #-
  4. [ edit]

> ナンさん
こんばんわ〜♪

『狂気』…
いいですねぇ、最高の褒めコトバだと思いマス♪
『狂うコト』は、ナニかを求めるための、最高のエネルギーだと思ってマス。
そんなエネルギーが、つちねこにもあったのかな、と思えて、
ナンか、嬉しくなります♪

大学について…
そうですね〜
今は、大学という環境は、『勉強するところ』では決して無いと思いマス。
むしろ、モラトリアムの時間を過ごす場所、というイミの方が大きいのでしょうね。
現代の社会構造では、モラトリアムの重要性は、過去に比べてとても大きい面もありますので、
一概に、否定できるものでもないとは思いますが、
それでも、全く『勉強しない』というのは、前提としてナニかが違うと思いマス。
…とは言え、つちねこも、一応、やりたい学問や、なりたい目標があって入学したものの、
生活の6〜7割は部活で過ごしてましたので…
お恥ずかしい限りデス…。

こんな現在の大学像になってしまったのは、
大学という『時間』の一番の目的が『就職活動』になってしまったことが大きいかもしれません。
いい企業に入るために、いい大学に入るなら、
その大学で使う時間の多くは、いい企業に入るための準備に使われますから…。
そんな中で、アカデミックな学問は、なかなか興味を持ってもらえないと思いマス。
同様に、企業や社会の方でも、アカデミックに対する興味が薄いのかもしれません…。
だとすれば、学問をするためのサポートは、どんどん薄くならざるを得ないんでしょうね。

ナンさんのお仕事は、ホントに色々な方を見る機会が多いのでしょうね。
おっしゃるように、ヒトの数だけ人生の姿があって、
その中には、納得できないものも、たくさんあると思いマス。
そうしたトコロからの歪みが、弱いヒトのところに集まってきてるとしたら、
それは、とても悲しいことだと思いマス…。
  1. 2009/06/30(火) 23:03:56 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

こんばんは〜☆
好きな写真で敢て、今までと違うスタイルのものに挑戦するのはそれなりの、勇気がいりますよね。
でも、それだけに、つちねこさんの何かを変えたい、何かを求めてやまないような、一種の狂気にも似た気迫を感じました。
誤解を招くような表現ですみません<(_ _)>

さて、私が学生時代だった二十数年前と、つちねこさんの時代と現在とで、多少の変化はあると思いますが、日本の大学は他の国とはいろんな意味で違っていますよね。
私が通っていた頃は、勉強したいから大学に通うのだという意識を持っていた学生が多かったように思います。だからみんな、勉強熱心で、一度社会に出て、学費を稼ぐために働いてから大学に入り直す人や、ある程度の年齢になってから大学院に行く人もいました。
学生はきちんと学びたいものと、将来の目標を持っていたように思います。
そして、それをサポートしてくれる体制もそれなりに整っていたような…!
話しが逸れてしまいましたが、日本にいては本当にやりたい勉強が出来ないと感じたものです。
あくまでも、私個人の感想ですが。

さて、今の仕事をしていると、当然いろんな
人生を送ってきた方と出会います。
女手一つで、子どもを育て大学まで入れても、お嫁さんと折り合いが悪くて自ら家をでて、ぼろぼろのアパートで生活保護を受けながら、それでも感謝の気持ちを持って暮らしている方。
ずっと、定職につかずに親兄弟とも縁を切り、気ままに日雇い暮らしをしてきて、高齢になってから、生活保護を受給しても、お金が少ないと文句を言いながら、お酒やギャンブルにつぎ込んでしまう方。
内心、一生懸命に働いている子育て世代の人より、贅沢をしているじゃない!
と、思えたこともありました。
支離滅裂な文章になりすみません。
いろんな人がいて、人の数だけ人生があって、人の人生を批判したり、決めつける権利は誰にもないけど、真面目に生きようと、一生懸命、努力しても報われない社会はやはりどこか、歪んでいるのでしょうね!
  1. 2009/06/30(火) 22:18:54 |
  2. URL |
  3. ナン #-
  4. [ edit]

> sumicoさん
こんばんわ〜♪

わぁぁぁ、過去記事まで復習していただきまして!
ありがとうゴザイマスです〜 m(_ _)m

オンナノコにモテ〜
…と言うよりも、
オンナノコに人気のカメラみたいデスよん♪
…sumicoさん、知らなかったんだ…
オンナノコなのに… (。-∀-)化♪
操作が簡単(というより、細かい設定が何もできない)で、
ゆるーい写真が撮れるのが、人気みたい…。
『女子カメラ』って雑誌もあるんですよ〜。

今の経済状況では、研究費の確保は難しいですよね…。
そもそも、研究だけじゃなくて、
長く時間のかかる項目への投資
たとえば、人材教育などに対しても、
割かれる予算が、どんどん減ってるように思いマス。
『使い捨て』の人事が、横行してますからね…。

それから、博士卒業者の就職口なんですが…
『普通の就職口』すら無いのが、現状なんです。
つちねこも含めて、多くの卒業者は、
研究者としての人生には、幻想は持っていないと思いマス。
エリートなんかじゃ、ありません。
借金さえ返せれば、多くは望みません。
勉強してきたことは、自分の中にだけあればいい、と思ってマス。

…でも、『博士』という看板を背負ってしまうと、
雇ってくれる会社が、無いんです。

海外は、先進国でも途上国でも、多くの国で事情が違います。
まず、学費がタダの国が多いんで、借金を背負うというコト自体が少ないです。
そして、博士のキャリアパスとして、研究者以外にも、技術営業やコーディネーター、メディア関連など、色々な道が開かれてます。
最大の違いは、『敗者復活』が普通であり、また、多少年齢が行くまで社会経験がなくとも、それほど変なことではない、という社会土壌がありマス。

もちろん、そんな社会基盤のためには、税金が高額であるなどの、『痛み』があるんですが…。

日本で働けないなら、他の国に行く、というのは、極めて普通の考えだと思いマス。
経済状況だけでなく、社会的な『通念』が変わらないと、
この国は、人材の空洞になりかねない、と思いマス。
  1. 2009/06/30(火) 21:15:12 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

> pipiさん
こんばんわ〜♪

そもそも『最低限の生活』を決める線引きが、
かなり曖昧というか、怪しいトコロかも、と思ってマス。
それに、その運用にあたっても、
北九州市で問題になったような、
『生活保護の受給数を減らすノルマ』
みたいな原則の上で動いているのでは…
保障もナニも、あったものではないんですよね…。

政治家は、今、変わったとしても、どれだけの変化が起きるか
正直なところギモンですし、期待も出来ないと思いマス。

ただ、一点だけ
政治家が、今までのように
『ナニをやっても、ナンとなく当選できる』
ような状況を潰して、
いつでも、対立候補が相手をひっくり返すことができるような状況を作れれば、
国民を舐めたようなコトは、し難くなる…と思ってマス。
『女性は産む機械』とか『原爆投下はしょうがない』とか『欝は気の弱いヒトがなる』とか…
そういう考えを持ったヒトは選挙に勝てないような、そういう状況を作れれば、
徐々にでも、まともな政治家を国会に送り出せるようになるかな…
と、淡い期待デスが… (´・ω・`)

そんなコトを思いながら、こんな記事も書いてみてマス〜。
  1. 2009/06/30(火) 20:57:53 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

トイカメラ 過去の記事でサラッ〜っとお勉強させて頂きました。

女の子にモテのカメラなんですね〜!
ボヤッ〜((ミ ̄エ ̄ミ)) ボーーー
の効果バッチシですよん☆

学者さんの就職口がない…。
確かに少子化も手伝って
大学の教授の席も少なくなって来てますよね…。
せっかく博士号とっても 普通の就職口しかないなんて…。やりきれませんよね。
もっと企業が研究費に経費をかけられるような経済状態にならないのかな…。

今の企業は ともかく儲け主義ばかりにはしってしまって未来に投資する余裕が感じられません。こんな状態では 日本は技術のない国になってしまいますよ…。


  1. 2009/06/30(火) 20:57:25 |
  2. URL |
  3. sumico #-
  4. [ edit]

> トマトさん
こんばんわ〜♪

憲法25条が、有名無実化するかどうか、
そんな時代なのかもしれないですね。

残念デスが、
『義務を果たさずに権利を主張するな』
という声が、大きくなってきてるのが現状かもしれません。
このコトバの裏返しをラジカルに表現すれば、
『義務を果たせないモノは、死ね』
というコトになります。
そして、これに則った考えが、
小泉政権・安部政権のころから、政治の主流です。
当然の帰結として、福祉や医療をはじめとする生活保障サービスは縮小されます。
そんな、この数年だったと思いマス。

欝をはじめとする神経疾患に対して、
今の企業は、冷淡ですよね…。
つちねこも、今の会社に入るときに、
『もし、欝が再発して休業することになったら、辞めていただきます』
と言われてます。
幸い、今は改善してきて、薬を飲まなくてもいいようになったのですが…。
医療系の企業でさえ、この対応ですから…。
  1. 2009/06/30(火) 20:43:45 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

> berry姉さま
こんばんわ〜♪

そっか…、
この寂しさのモトは、『虚しさ』『空っぽ』だったんですね…。

姉さまの感想から思ったんデスが、
四隅が黒く沈むと、
ナンとなく、『覗いてる』感じになるんですよね。
そうすると、写ってるモノに対して、
距離を感じると言うか、直接手が届かない感じがするというか、
そんなイメージがあるのかもしれないデス。
目の前にあるのに、手が届かない『もどかしさ』みたいな。

そういう『思い』を出してみたいときに、
このカメラはいいのかもしれない…?

…でも、そういう寂しい写真は、
あまり撮らないほうがいいかも、ですねぇ。
やっぱり、元気が出るほうが、いいですもん♪
姉さまのカードみたいに〜。

続きのページ、
辛いときなのに、読んでいただいて…
ホントにありがとうゴザイマス。

あえて暗いことを書かなくてもいいのかもしれないですけど、
書くことで、ナニかを発することで、
今を変える足しに、ほんの少しでもなれたら、って思ってマス。
  1. 2009/06/30(火) 20:33:33 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

> Vanillaさん
こんばんわ〜♪

> ノスタルジック
ありがとうゴザイマス〜! ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ランラン♪
まさに、その辺を狙っております♪

写真というコトバは、『真実を写す』と書きますが…
たぶん、それはあるイミでウソだと思ってマス。
フィルムでもデジタルでも、
如何様にも、操作する余地があるんです。
それだけに、その『モノ』を見たときに、
印象に残った『色』や『光』を、
印象のままに写しこむのも、写真の面白さ…かな、と思ってマス。
ある写真家さんは、『この世界の全てを、私の色で埋め尽くしたい』って言ってるくらいで〜。

…うーん、ナンか、偉そうだ… ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
スイマセン、そこまで考えてることは、かなーり稀です。

最近のシュショーさん達は…、ちょっと、お話にならないんですよね…。
『痛み』に耐えるためのモチベーションを
どんどん削いでくれてますから。

…でも、『見限る』ことができる間は、まだいいかも、って思ってマス。
まだ、少なくとも『生きてる』ってコトですもんね。
そのヒトが生きてさえいれば、見限ろうとナンだろうと、構わないと思いマス。
死んでしまったら、それすら出来ないですから…。
  1. 2009/06/30(火) 20:25:14 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

> タカビーさん
こんばんわ〜♪

タカビーさんの活動については、
ブログを拝見して、少しずつ学ばせていただいてマス。

ただ、大変失礼なことで、恐縮なのですが、
つちねこ自身が、ナチュラルに、
ギャンブル全般に対して恐怖を抱いていることもあり、
正直なところ、『依存症』にピンと来なかったところがあったんです。

ですが、今回のタカビーさんのコメから、
少し、その中身に近づけたような、
そんな気がしてマス。

『構造改革』は、その美名の下に、様々な『改革』を進めました。
結果…、『組織』に関しては、国にしても企業にしても、
何ら、痛みを味わうことはアリマセンでした。
痛みを味わったのは、『弱者』だったと思いマス。
それでも、数年前までは、一部の『成功者』が華々しく取り上げられるコトで、
国民全体も『豊か』になったような、そんな錯覚もあったように思いマス。
昨年からの不況で、その虚飾が取り払われた結果…
残ったものは、己の存続のみのために肥え太った『企業』と、
『弱者』の、比喩でなく、文字通りの『屍』だけだった、と思いマス。

それに対して上げられる声に対しては、『自己責任』の批判が浴びせられます。

そんな現状に対して、少しでも視線を寄せることが出来たら、と思い、
時々、こういう記事も書かせていただいてます。

現状把握も甘いですし、論旨の展開も鈍いのですが、
ご指導いただけましたら、幸いです。
  1. 2009/06/30(火) 20:15:48 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

> ちびたさん
こんばんわ〜♪

うーん、ちびたさんは、大先輩ですね〜!
コダクロの25ですか!
つちねこは、ISO50までしか、低感度フィルムは使ったことがないのですが…。
ものすごーく滑らかな画になりそうな〜♪
つちねこも、ポジは大好きナンですけど、
フィルム自体も、現像も、高くつくのが泣き所でして…。
いっそ、自家現像にチャレンジして、ネガ中心にしようかな、と画策中デス ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
  1. 2009/06/30(火) 20:03:21 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

> 夫婦レンジャーさん
こんばんわ〜♪

そーなんですよね〜。
『撮りたいモノ』を、好きに撮るのが、
少なくとも、自分にとっての『いい写真』を撮るための
最短距離なんですよね♪
そのイミでは、今回の写真は…、ちょっと道を外れたかもデス ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
『いつもやらないことをやったら…?』
って感じだったので…。

…でも、まぁ、結果オーライですね〜♪
  1. 2009/06/30(火) 19:58:14 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

最低限の生活を保障する

というのが生活保護らしいのですが…

意味を成さない受給や 
生活保護以下で生活している人も多いのが現状です。

政治家が かわれば と言う人もいるけど
無理だろうなと言うのが正直なところ。

ではどうすればいいのか
私もわかりません。

ひとついえるのは 甘い汁吸っている人たちが底辺の人を食い物にしているということ。

そんな一部の人だけ富裕なのは 
おかしいと思うので 
それが 正せるように
警鐘は鳴らしていかなくちゃいけないのかなと思います。
  1. 2009/06/30(火) 18:18:16 |
  2. URL |
  3. pipi #-
  4. [ edit]

こんにちは
国は最低限の生活を保障している筈なんですがね。
うまく機能してないと言うか、ドロップアウトとは
無縁の人が政治家に多い。当然ちゃー当然なんですが
雇用、福祉、医療、介護、これら生活保証を
守るための政策の優先順位が低いね。
他人ごとじゃないんですけど。
休職でなく辞めて生活保護でじっくり治したいのですが
住宅ローンや再就職考えると無理だ。
腹立つ。
  1. 2009/06/30(火) 16:25:16 |
  2. URL |
  3. トマト #-
  4. [ edit]

つっち〜、こんにちは♪

四隅が黒くなるお写真は
…なんとく虚しさがあるよね。

ココロが空っぽになってしまったような。

つっち〜がいろんなモノを覗いて
新しいお写真の『カタチ』を
探っている様子が伺えました。

今後の作品が、ますます楽しみです♪

続きのページ…
今ダーリンもね、似たような状況にあるから
…日本、変わってほしいな。
  1. 2009/06/30(火) 15:39:00 |
  2. URL |
  3. berry-berry #-
  4. [ edit]

カメラで、こんなにも写真っていろんあ顔を見せるんですね〜!
なんだかノスタルジックで(表現合ってるかな?汗)惹き込まれます^^



シュショーさんが言ってましたね。
「我侭言ってたら仕事なんて見つからないんだから」って・・・
国民一人一人に頑張りを要求する前に
頑張ればなんとかなるんだって思える国を作ってくれないかな・・・
これからの若者は、日本を見限っちゃいますよ・・・^^;
  1. 2009/06/30(火) 11:59:30 |
  2. URL |
  3. Vanilla beans #-
  4. [ edit]

その一人

つちねこさん、おはようございます。

もう私のしている活動については、ご存知かと
思います。私には、一人の強力な協力者が居ます。

その方は、カナダでポスドクをされていらっしゃる
MJさんといいます。(生物学者さん)

彼は私と共同で掲示板を管理し、ギャンブル依存症を
克服するお手伝いをしてくださっています。

彼から、ポスドクの悲劇については何度か聞いています。

構造改革における市場主義の導入は、終身雇用を
ダメなものとして、成果主義を導入しました。

この結果、派遣法も改正されたりして企業は
派遣労働者を雇用することで、安易な雇用をとる道を
選択できるようになりました。

その結果が、今の日本です。 つまり成果主義の
導入は雇用を不安にさせ、安心して暮せる社会を
否定したともいえます。

私の元へは、多くの依存者の方がこられますが
そもそも依存とはコントロール障害です。
心の病気なワケです。

それにもかかわらず、依存すると社会からは
ダメなやつと言うレッテルを貼られ差別されるのが現状です。

>『ドロップアウト』してしまった人間が、再度、
>社会復帰することが普通にできる世の中を。

私たちもそのことを願い、頑張っているんです・・・。
  1. 2009/06/30(火) 11:24:34 |
  2. URL |
  3. タカビー #-
  4. [ edit]

おはようございます

フイルムによる違い、昔はかなり熱中しました。自分で現像できなかったので、だんだんネガではなくポジに走って、最近製造中止になったコダクロームなんか良く使っていました。

コダクローム25やエクタクローム100なんかで山の写真を撮ってました。

なんだかとっても懐かしいです(^^)

  1. 2009/06/30(火) 10:47:43 |
  2. URL |
  3. ちびた #-
  4. [ edit]

こんばんは☆
写真を撮るのって本当に奥が深いのですね。
2号♀はさっぱりなんですが・・・
どんなに冷たい感じの写真でも撮りたいものを撮るのが一番なんじゃないかな、それがその時のベストショットなのかなって思いました(^^ゞ
これからも素敵なお写真を楽しみにしてまーす(^O^)/
  1. 2009/06/30(火) 00:10:06 |
  2. URL |
  3. 夫婦レンジャー #-
  4. [ edit]
 
 
 
 

Edit comment

site owner only

 
 
 
 

trackback

派遣村閉村

 「派遣村」は閉村するが、彼らの戦いはまだまだ終わらない。  『反貧困』草の根喚起 『自己責任論に一石』 派遣村閉村  年末年始、...
  1. 2009/07/02(木) 11:14:30 |
  2. 平和を希求する中年男PSILAのつぶやき
http://psila.blog116.fc2.com/blog-entry-388.html
 
 
結局また海 ( ̄∇ ̄;)  / エヴァ、見てきマシタ♪
結局また海 ( ̄∇ ̄;) / エヴァ、見てきマシタ♪
Home
Home
支笏湖 Returns♪
支笏湖 Returns♪