つちねこ@Country Life

 
 

秋色の時間

  1. 16:02:47
カラーの写真、撮ってないですね、って。
言われてみれば、暗い話にモノクロの写真ばっかり。
どんどん、テンションも低くなっていく…。

明日の面談を越えてみないと、とりあえずの行方すら分からないけど。

明るい空も撮りたいですね。
季節はすっかり秋色になっていて。
夏とはまた違う空の色になっているでしょう。

天気予報を見ると、明日は「雨、降水確率90%」…(´・ω・`)
…今日も十分曇ってるけど、今日のうちに散歩に行けっていう神様のお告げだなぁ。
面談終わったあと、散歩する元気があるかどうか分からないし。

えいやっと、近所の大好きなところへ。

秋色の時間 その1
Sigma DP1

空が晴れていれば、本当に秋らしい山並み、川の流れが見れたんだろうケド…。
でも、川べりの草むらは、秋の風情一杯になってきました。

秋色の時間 その2
Sigma DP1

小雨が降っていて、ちょっと濡れた大きな葉っぱが鮮やかでした。

秋色の時間 その3
Sigma DP1

草花もすっかり秋色で。小気味良く、リズミカルに咲いていました。

それにしても、ぐるっと歩いてみても、わが町はヒトがいない…。
車は走ってるけど、歩いてるヒトが全然いない…。
ようやくいたのが…、

秋色の時間 その4
Sigma DP1

交通整理のおじさん。( ̄∇ ̄;)
ヒトより、クマのほうが、多いかもしれないですねぇ。

明後日は晴れるみたい。
出かけられたらいいなぁ、って思ってマス。

to こひなたさん
いい散歩が出来ました。きっかけ、ありがとうございます♪

 
 
 
 

to こひなたさん
昨日は土砂降りでした…。
一昨日、思い切って外へ出てみて正解でした。

カラー、良かったですか?だったら、良かったー。
気分が、明るくなる気がしました。
デジカメで撮ってみたので、色々、色の明るさとかいじってみてたんですが…。不思議なものですね。空を明るくすると、みんな明るくなります。気分まで。(曇り空、ちょっと明るくしてみたんです。)

ヒトを見てみて、というこひなたさんの想い、分かりました。
いろんな出会いに感動するってこと、忘れていたような気がします。
出会いに感動するって、知り合いになるってことじゃないですものね。例えば、何気ないしぐさに感動する、とか…。
そうやって、ヒトを好きになれたらって思います。

それから、細かいお気遣い、ありがとうございます。
こひなたさんは、言いにくいこともはっきり言ってくれる、つちねこにとって大事な友人と思ってますから(勝手にすみません)、嘘をつきたくない、と思ってます。

両親とは、やっぱり溝はあります。僕が勝手に作ってるものですが。
ただ、今日、エントリーを書こうと思ってますが、状況的に、やっぱり頼ってしまうことになりそうです。
明日、両親と今後のことを話し合ってきます。
そういう過程の中で、信じたり頼ったりするだけではなく、赦していけたらって思ってます。
  1. 2008/09/27(土) 04:19:15 |
  2. URL |
  3. つちねこ #-
  4. [ edit]

秘密のコメント

ブログ管理人への秘密コメントです
  1. 2008/09/26(金) 15:42:20 |
  2. |
  3. #
  4. [ edit]

曇り空がつちねこさんの心境とマッチしてる気もしますが、やっぱりカラーの方がいいですね(・∀・)

人物はね、撮らなくっても探して見つめてるだけでいいんです。とにかくいろんな人の表情とか、仕草とか、何をしてるかとか、何を考えているかとか、そういうことを見つめて欲しかったんです。

外に出ると色んな出会いがありますから、色んな物を見て、いろんな事に感動して欲しいと思ったんです。

それから、一個前の記事ですが、ごめんなさいね。事情がわからないのに言ってしまって。私の言っていることに、100パーセント賛同して納得して欲しいなんて思ってませんよ(´∀`)あなたは生きているんですから、頷けないとこがあって当たり前なんです。

ただ・・・私も父に関しては非常な確執はありました。それも、父が亡くなる直前まで。でも、やっぱり亡くなってしまったらどうにもならない後悔みたいなものしか残りません。つちねこさんの両親、健在なら、私のようになって欲しくないな・・・と思います。
  1. 2008/09/25(木) 18:39:00 |
  2. URL |
  3. こひなた #-
  4. [ edit]
 
 
 
 

Edit comment

site owner only

 
 
 
 

trackback

 
 
根を張って、生きて行きたいです
根を張って、生きて行きたいです
Home
Home
昨日の顛末 その2
昨日の顛末 その2