つちねこ@Country Life

 
 

南三陸(4)

  1. 22:21:57
sun sun shopping village (minami-sanriku)
SIGMA DP1 Merrill / ISO 100, f/13, 1/160 / color mode: standard

旧志津川駅から車で10分弱くらいのところにある、南三陸さんさん商店街

地元のお店が集まって出来た、仮設商店街です。
観光バスが何台も停まれるような大きな駐車場があって、フードコートはステージっぽくもあったりして、
ちょっとしたテーマパーク的な賑わいでした。

never forget (minami-sanriku)
SIGMA DP3 Merrill / ISO 100, f/6.3, 1/250 / color mode: portlate

漠然と「東北へ行きたい行かなきゃ」と思ったところから、この旅が始まったんですが、
南三陸町に決めたのは「JRでツアーキャンペーンやってたから」という、至極安直な理由でした^^;

行き先を決めてから、南三陸町について泥縄式に調べてみたりしてる中で、
南三陸町で写真館を営む、佐藤信一さんの写真集「南三陸から」を見つけました。
津波にすべてを押し流された絶望の中から、それでも立ち上がって進む人々の等身大の姿がありました。

その、佐藤さんの写真館も、この商店街にありました。

Live to love the sea. Live to love you. (minami-sanriku)
SIGMA DP3 Merrill / ISO 100, f/6.3, 1/100 / color mode: vivid

津波から2年と少しが経った今でもなお、すべてが押し流された光景が広がることには、声も出ませんでした。
でもちょっと視点を変えると、ぼくのようなただの旅行客が何のストレスもなく旅行を楽しめるような、そんな状況でもありました。
車を普通に走らせることができて、街のあちこちで美味しいものが食べられて、夜は温泉でのんびりできる。
もちろん、海や山は素晴らしく美しく。
そんな今だからこそ、出来ることがたくさんあるのかもしれない。そんな風に思いました。



取り敢えず、できること=食べること(・∀・)

trackback (-)     Comment 0
 
 
 
 

南三陸(3)

  1. 23:13:39
Minamisanriku Disaster-measures Government Building (minami-sanriku)
SIGMA DP1 Merrill / ISO 100, f/11, 1/200 / color mode: standard

南三陸町防災対策庁舎跡。
庁舎跡の前に設えられた祭壇には、手を合わせる方があとを絶ちませんでした。

destructive power (minami-sanriku)
SIGMA DP3 Merrill / ISO 100, f/6.3, 1/640 / color mode: standard

波って、これほどまでの圧力があるのか、と。

The tsunami ran from right to left. (minami-sanriku)
SIGMA DP1 Merrill / ISO 100, f/11, 1/200 / color mode: standard

右側から左側へ津波が押し寄せたのでしょう。
ゾッとする、ほかにはなく。

trackback (-)     Comment 0
 
 
 
 

南三陸(2)

  1. 21:05:25
Shizugawa station (minami-sanriku)
SIGMA DP1 Merrill / ISO 100, f/11, 1/250 / color mode: standard

旧志津川駅前。
駅舎の周りも、津波ですべて押し流されていました。

Power shovels (minami-sanriku)
SIGMA DP3 Merrill / ISO 100, f/8, 1/250 / color mode: standard

おそらく、この辺りも2年前までは町並みが広がっていたのでしょう。
今は、一面が見渡せてしまいます。
整地に使われているのか、ところどころに重機の姿も見られました。

summer grass & heap of rubble (minami-sanriku)
SIGMA DP3 Merrill / ISO 100, f/8, 1/160 / color mode: standard

のどかな、東北の夏の日でした。
その視線の奥に映る、まだ積み上げられただけの瓦礫の山。

震災から2年以上が経って、
まだこんなものなのか、ぼくは何を見て、何を知っていたつもりになってたのか、
正直なところ、呆然としました。
何も知らなかったし、分かってなかった。

trackback (-)     Comment 0
 
 
Home
Home
Next
Next