つちねこ@Country Life

 
 

春遠からじ

  1. 19:06:20
冬桜/fuyu-zakura (winter sakura)
SIGMA DP1 Merrill / ISO 100, f/5.6, 1/1600 / color mode: standard

If Winter comes, can Spring be far behind?

まだまだ寒い東京ですが、春っぽい景色も少しずつ見えてきてます。
ここ数年は、4月過ぎに大雪降ったりするので、油断できないですけど…。

一昨年、会社が吸収合併されたあおりで仕事を失いました(;´Д`)
ですが、前職のコネでなんとか拾ってもらえました…お給金はがたっと減りましたが(;´∀`)
そこで話が進み、国立系の研究所に居候して基礎研究的な仕事をさせてもらっています(*´ω`*)
…が、居候先と本業とのバランスになかなか身体が慣れず、体調不良や怪我を繰り返したり(;´∀`)
とは言え、勤務環境が変わるので待遇を見なおしてもらい、お財布が少し楽になりました(*´ω`*)

冬が来た後に必ず春がくるわけでもなく、そんな確実性は求めようもなく。
ただ、まぁ、生きてれば巡ってくる色々な事柄を、
良くも悪しくも味わっていければいいなぁ、と思います。
今を生き延びるために自分なりに必死になる一方で、そういう物語を読む自分を同居させるような。




…長い言い訳になりましたが、通勤環境の改善を目指して、また転居いたします…(;´∀`)

 
 
 
 

Out of standard

  1. 22:45:55
街角
Leica M5 / Summicron 50mm f/2 (3rd) / Fuji Natura 1600

「スタンダードなるもの」の概念をこしらえて、
そこから外れるものを、邪である、下等である、排除せよ、と謳いあげる方法は、
プライドをくすぐり、また恐怖を煽り、そして熱狂を呼ぶ上で、
便利であり、また有効なものなのでしょうけど。

テレビなり新聞なりを目にしてしまった度に、変わらぬロジックに吐き気を覚えます。

生物は、微妙な多様性のグラデーションを再生産し続ける中で、種が存続する可能性のプールを保つもので。
様々な立ち位置・様々な嗜好・様々な思考を互いに認める中で、組織なり社会なりは深みを増し、また新たな可能性の芽を生み出すものだと思ってます。

極論かもしれませんが、あえて言えば、
新しい可能性は、異端・異界・外縁部から生まれるものだと。

彼らの暴力的な言説を目にする度に、そんな思いを強くもちます…。







あと、何事につけても、勉強不足にも程があるだろう、と(;´Д`)

 
 
Home
Home