つちねこ@Country Life

 
 

坂の上の雲

  1. 23:50:43
苫小牧の海もあと僅か… その3
Contax AX / Makro-Planar 60/2.8 / Ferrania Solaris 200 / CN-16L

昨日は、毎月恒例のTONEライブでした♪

喰った呑んだの挙句に、帰り道で悲惨な目にあったりで、
色々山盛りの時間を過ごしたんですが…
まだ、写真が現像できてない… (ll∀)ァハハ-

…フィルムカメラフェチの泣き所だなぁ…

というワケで、そちらは次の記事くらいでアップいたします♪

苫小牧の海もあと僅か… その4
Contax AX / Makro-Planar 60/2.8 / Ferrania Solaris 200 / CN-16L

最近、日曜日のお楽しみが…
NHKの特別大河の『坂の上の雲』だったりします〜 ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

小さい頃から歴史オタだったこともあって、
歴史小説は、とても大好きなジャンルです♪
たぶん、一番最初に読んだ『小説』が『三国志演義(子供向け)』だったかと…。

…で、たぶん、二番目が『古典落語全集』だと思ぅ… ( ̄∇ ̄;)

どんな小学生だよwww

そういうオトコノコとしては『真っ当な道』を歩み続け…
高校生のころに、司馬遼太郎の小説に出会いました。

それから10年近くの間、つちねこのfavorite novelistでした〜 (´ー`)

苫小牧の海もあと僅か… その1
Contax AX / Makro-Planar 60/2.8 / Ferrania Solaris 200 / CN-16L

『坂の上の雲』を読み始めたのは、たぶん大学一年のころだったと思います。

…嵌りましたね、マジメに ( ̄ー ̄)ニヤリ

当時は、まだ『物語』ではなく『歴史叙述』として読んでたこともあって、
それだけに、その緻密な物語性に熱中しました。

こんなに熱い時代が、熱いヒトたちが『いた』のか

…ってヤツですね〜 ( ̄∇ ̄;)
『物語』なんだ、って思えるようになったのは、ワリと時間が経ってから…。

苫小牧の海もあと僅か… その2
Contax AX / Makro-Planar 60/2.8 / Ferrania Solaris 200 / CN-16L

ここ10年くらいの間、司馬遼太郎はほとんど読んでませんでした。
…読んでても、『落ちてこない』感じが否めなかったんですよね。
買い集めた文庫も、ほとんど処分してしまって…。

それでも残ったのが、『燃えよ剣』『竜馬がゆく』『箱根の坂』…
そして『坂の上の雲』でした。

たぶん、『坂の上の雲』は、読まなくなったとしても、処分できないでしょうね〜。

それだけ、いろんな意味で思い入れのある作品…で、あります。

苫小牧の海もあと僅か… その5
Contax AX / Makro-Planar 60/2.8 / Ferrania Solaris 200 / CN-16L

この作品の中で、司馬さんは『オプティミズム』ということを何度も語ります。

ろくな産業を持たない貧乏所帯である日本が、
それでも、慄然と感じる時代背景の危機意識の中で、
喰うものも喰わずに、『国家』を作り上げていく。

一方で、突如として開けた『能力主義』の時代。
家柄や資産、そういったものに足を取られること無く、
ただ『能力』さえあれば、身に付ければ、ナンにでもなれる。
そういう時代に生きる『青春』たちの、限りない明るさ。

ただただ、『先の明るさ』を見つめることの出来た大学生には、
そうしたオプティミズムは、とても眩しく映りました♪ (´ー`)


今は、さすがにそういう楽観主義はとれませんけど。
…それゆえ、一時期、司馬遼太郎から離れてたのかもしれないですね。

…ただ…
オプティミズムの見せる眩しさと、その裏の影とを、
ともに見て、飲み込む『覚悟』をした上で、『敢えてオプティミズムで身を鎧う』、
その必要性もあるのかな…、最近はそんな風に思ったりもするんデス♪


…まだ、よく分かってないんですけどね (ll∀)ァハハ-

苫小牧の海もあと僅か… その6
Contax AX / Makro-Planar 60/2.8 / Ferrania Solaris 200 / CN-16L

最近のNHKの大河と言えば、歴史オタとしてのつちねこからすると、

時代考証無視 …て言うか、もはや歴史モノとはいえねぇ…
ストーリーもなんてゆーか… 『ぬるいファミリードラマ』?
…おまけに、最近はあからさまなプロパガンダが感じられるよーな…


今年の『天地人』も全部見るのが辛くて辛くて
…結局、毎回、早送りで見てたんだよなぁ… ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
そこまでしても、なお見てる僕も僕ですけど、それで分かっちゃうストーリーも… (´・ω・`)

それだけに、今回の『坂の上の雲』は、マヂでビクビクしてました… ガク((( ;゚Д゚)))ブル

…でも、今日の放映で2回目ですが…
今のところは、なかなかにいい感じだと、つちねこは思ってます♪ (´ー`)

正直、時代考証がぶっ飛んだトコロを含めて、残念なコトは色々あったりします。

…でも…
たぶん、原作に感じたイメージである『時代としての青春』が、
ここまでのところ、皮膚感覚として伝わってくるような、そんな気がするんです♪

あと、キャスティングも、かなーり好みだしね〜 (* ̄m ̄)

…とりあえず、年内は日曜日が楽しみなんデス♪


Bump of Chicken "Stage of the Ground"

飛べない君は 歩いていこう
絶望と出会えたら 手をつなごう
哀しい夜を越えて 笑おうとするなら
唄ってやるよ ルララ



すれ違う 誰かが 落としていった
涙を数える その度に
「優しくなりたい」と願う
君は 誰よりも
優しい人 ルララ



あの月も あの星も
全て君の為の 舞台照明
叫んでやれ 絞った声で
そこに君が居るって事

迷った日も 間違った日も
ライトは君を照らしていたんだ
君が立つ 地面は ホラ
365日いつだって

Stage of the ground


Bumpが『響いて』くるのは、
『消せない絶望』と『誰かの許しを必要としない覚悟』と、その上での『優しさ』
があるからかな、とか思ったりします〜♪

 
 
Home
Home