つちねこ@Country Life

 
 

のだめとアイシールドのお話♪

  1. 23:53:58
ヒカリ その1
Contax AX / Makro-Planar 60/2.8 / Ferrania Solaris 200 / CN-16L

来年2月1日付けにて、東京支社へ転勤しますっ ( ̄^ ̄ゞ

…やっと、後任人事が固まりましたとさ〜 (´▽`) ホッ
これで具体的に動き始めることが出来マス♪

…てなワケで、新居探しを始めております。
長いこと、都会を離れていたせいか…、家賃高いなぁ… (´・ω・`)

同僚のNさんとの会話…

つ:ここだと、会社からワリと近いんですよね〜
N:寝坊しても、パンをくわえて走っていけますよねぇ
つ:…んで、曲がり角でオンナノコにぶつかったりするんだよね ( ̄ー ̄)ニヤリ
N:…隣の家の幼馴染が、起こしに来てくれるんだよね ( ̄ー ̄)ニヤリ

…バカな男子の見本だな、正直… _| ̄|○ ガク → _| ̄|  コロコロ((○

来週末に横浜に出張なので、そのついでに家を探してこようと思っております〜 (´ー`)

ヒカリ その2
Contax AX / Makro-Planar 60/2.8 / Ferrania Solaris 200 / CN-16L

…さて…

ここ2ヶ月ほどの間に、
つちねこが好きだったマンガが2つ、相次いで最終巻の発売に至りました。

まず、『のだめカンタービレ』…。



クラシックのプチブームに一役買った、あのマンガですね〜♪
ベートーベンの第七は、あのマンガのお陰で有名になったとのウワサも…。

上野樹里&玉木宏主演のドラマも、個人的には大好きです

ヒカリ その3
Contax AX / Makro-Planar 60/2.8 / Ferrania Solaris 200 / CN-16L

ピアノに天才的な才能を持つ"のだめ"のサクセスストーリー

…って言ってしまうとカンタンに過ぎますよね〜。

確かに、物語の前半では、のだめの驚異的な才能がクローズアップされてました。
でも、中盤からは、のだめの『楽しく弾ければそれで良い』という思いと、
『才能があるのだから上を目指すべき』との周りの期待との葛藤が描かれ…。
その『才能』を開花させ、音楽の『楽しさ』を実感しつつも、
そもそもの意義に疑問をもつ、本当の『思い』との間のギャップに、
最後はカタストロフィ寸前まで行き着き…。

物語の最後の時点では、のだめは『音楽』にたどり着いていますが、
…たぶん、その先も、同じ悩みで揺れ動くんだろうなぁ…、と。

…でも、それはたぶん、『そういうモノ』なんでしょうね〜 (´ー`)

ヒカリ その4
Contax AX / Makro-Planar 60/2.8 / Ferrania Solaris 200 / CN-16L

海の向こう岸があると思うと
やっぱり 人は漕ぎ出しちゃうんですヨー


いくら苦しくても 
気が遠くなるほどの孤独な戦いが待っていようと
こんな喜びがあるから
何度でも立ち向かおうと思えるんだ


そう思う『瞬間』があったとしても、やっぱり、どこかで悩んでしまう。
それは、のだめであっても、ストイックな千秋だとしても、同じコトで。

でもたぶん、そういうトキに、お互いを想う『素直なキモチ』が、
互いを、あるいは誰かを助けたりするんだろうな、と。

そんなイミで、千秋が、最後に自分の『素直なキモチ』にたどり着いたのには、
ナンだか『ふふふー♪』って感じでした〜 (´ー`)

ヒカリ その5
Contax AX / Makro-Planar 60/2.8 / Ferrania Solaris 200 / CN-16L

も一つは、『アイシールド21』…。



とてもレアなネタですが…『アメリカンフットボール』のマンガです〜。
日本では、とても人気の低いスポーツ(泣)であるアメフトを題材にした、
あるイミ、勇気があるというか、無謀と言うか…そんなマンガですがっ ( ̄∇ ̄;)

…ところが、フタを開けてみたら、ジャンプで7年間の長期連載を続け、
アニメ化までされてしまったという、奇跡のような作品です〜。

…もっとも、『それでアメフト人気が高まった』というハナシは聞いたことがなく… (ノД`)シクシク

ヒカリ その6
Contax AX / Makro-Planar 60/2.8 / Ferrania Solaris 200 / CN-16L

ジャンプマンガにありがちな、『スーパーサイヤ人大運動会(笑)』ではあるんですが…
でも、アメフトの魅力は、意外なほどストレートに描かれてると思います。

総合力では劣っていても、一芸に秀でた選手達の集団が、
タクティクスを武器に、勝利を掴み取っていく、という…。

主人公は、『非力極まりないけど足が滅法速い』ですし、
チームメイトも、『キャッチ力のみ』『パワーのみ』って感じ…。

…ただ、そうした選手たちも、あるイミにおいて、『才能』に恵まれてるワケです。
その活躍も、確かに面白いのですが、その一方で…
『それすらも持たない選手』の戦いが丁寧に描かれているのも、また魅力だと思います♪

それは、ヒル魔であり、桜庭であり、葉柱であり、雪光であり…。

ヒカリ その7
Contax AX / Makro-Planar 60/2.8 / Ferrania Solaris 200 / CN-16L

ないもんねだりしてるほど ヒマじゃねぇ
あるもんで最強の闘い方 探ってくんだよ 一生な


勤勉な天才に 凡人はどうやったら敵うっていうんだ
諦めきれないんだよ 俺だって一流になりたい!


どんだけ俺が身のほどしらずだろうが
みっともなかろうが 知ったことか…!!


向いてなかったから できなかったんじゃない
何もしなかったから 何もできなかった…!!


まぁ、赤面しちゃうくらいのセリフですけどねぇっ (ll∀)ァハハ-

…だが、それがいい (´ー`)
なんだかんだで、こういうセリフには震えるワケです♪

2つとも、とても好きな作品でした〜。
こういう作品に出会えるから、マンガは止められないんデス♪ ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


Bump of Chicken "メーデー"

口付けを預け合おう 無くさずに持っていこう
君に嫌われた君へ 代わりに届けるよ

誰もが違う生き物 他人同士だから
寂しさを知った時は 温もりに気付けるんだ

勇気はあるだろうか 一度心覗いたら
君が隠した痛み ひとつ残らず知ってしまうよ
傷付ける代わりに 同じだけ傷付こう
分かち合えるもんじゃないのなら 二倍あればいい


"Bumpデイズ"が続いております♪ (* ̄m ̄)

 
 
Home
Home