つちねこ@Country Life

 
 

Requiescat in Pace

  1. 22:51:58
RIP その1
Nikon F3 / Ai-S 55/2.8 micro / Fuji Fortia SP 50

ご無沙汰をいたしました!

ご心配くださった皆さま、
お休み中、様子を見に来てくださった皆さま、
本当にありがとうございました。

お仕事が妙に忙しくなってきたこと
慢性的に体調がよろしくないこと
ブログでのスタンスに悩み始めてきたこと
今の時期の転職は、どうも無理っぽいこと etc...

色々重なって、体力が尽きておりました。

辞めようかな、とも思ったんですが、もう少し。
フィジカルにもメンタルにも、楽なスタンスを模索しながら。

…と言うわけで、いましばらく、お付き合いくださいませ♪

RIP その2
Nikon F3 / Ai-S 55/2.8 micro / Kodak Tri-X

…で、『復帰早々なんなのさ』、というネタなんですが。

この1週間の間に、
つちねこのリスペクトしていた方が、お二人、亡くなりました。

…厳密には、亡くなって初めて、『大きさ』を感じたのかもしれません。

Jim Johnson と 米谷美久氏。

RIP その3
Nikon F3 / Ai-S 55/2.8 micro / Kodak Tri-X

Jim Johnsonは、
つちねこの応援しているNFLのチーム "Philadelphia Eagles"のDiffence Cordinatorでした。
(Diffence Cordinatorとは、アメフトの守備チームを統括するコーチです。)

相手QBを、常識ハズレともいえるブリッツの嵐で、文字通り『叩き潰す』、
超攻撃的なディフェンスを操る名コーチでした。

7月28日に、癌のため、68歳で逝去されましたが、
その死の一月前にCordinatorを辞するまで、車椅子でフィールドに立ち続けました。

彼のディフェンススキームは、
通常はフィールドの後方を守る選手を、敢えて敵陣に突入させる『ブリッツ』の多様が特徴でした。
このスキームは、積極的に相手を叩き潰すアグレッシブなものですが、
後方にスキが出来やすく、ギャンブル性も高いものでした。
彼の凄まじいところは、その『ギャンブル性』をも計算の中にいれて、
トータルなディフェンスの『パッケージ』を確立してしまったところだと思います。
『常識を超えたところにある一つの真理』だったのかもしれません。

…そして、既にヘッドコーチになってもおかしくない実績を持つにも関わらず、
最期まで『ディフェンスの職人』で在り続けました。

RIP その4
Nikon F3 / Ai-S 55/2.8 micro / Kodak Tri-X

米谷氏は、
『日本の誇る』と形容しても良いであろう、孤高の名『カメラ設計者』です。
オリンパスのPENシリーズ・OMシリーズ・XAシリーズを手がけられました。

『米谷イズム』という言葉が生まれるほどに、フィロソフィーを大事にされた方でした。
『作るなら、今、無いものを、ユーザーの待ち焦がれたものを』

『カメラを持っていなければ、写真は写らない』という、言われてみれば『当たり前』のことを、
『小さい・軽い・簡単・安価』なカメラの開発によって現実のものにしたのが、米谷氏でした。

在るものは買えばよい、無いものだからこそ、作る

氏のフィロソフィーは、これからも、技術に携わる者を広く魅了するのでしょう。

RIP その5
Nikon F3 / Ai-S 20/3.5 / Fuji Fortia SP 50

心の中に確とした『哲学』を持ち、『常識を外れる』ことを恐れないこと

お二人に感じる、魅力だと思います。

ご冥福を、お祈りします。

PEN FT


 
 
 
 

ラ(BlogPet)

  1. 07:36:09
きょうもちがノラと紹介するつもりだった?

*このエントリは、ブログペットの「もち」が書きました。

 
 
 
 

しばらくお休み…

  1. 08:07:53
コメレス・訪問が滞っており、申し訳ございません m(_ _)m

諸事情により、しばらく、更新等々、お休みさせていただきます〜。

trackback (-)     Comment (-)
 
 
Home
Home
Next
Next