つちねこ@Country Life

 
 

夜は短し歩けよ乙女

  1. 21:10:47
今、平行して『放浪つちねこ@東京』の記事を書かせていただいてますが。
甘酸っぱき青春のおもひで』つながりとゆーことでっ d( ̄  ̄) イイコト?

"夜は短し歩けよ乙女" 森見登美彦著

えと…、ジャケ買いデシタ (・∀・)
つちねこが買ったのは文庫版だったんですが…



黒髪ボブの華奢な女の子がモダンな世界に♪ 
もぅ、つちねこのストライクゾーン、抉りこみまくりデスっ .+゚*。:゚+(〃ノωノ)キャッ.+゚*。:゚+

オハナシは、京都のとある大学(たぶん京都大学)が舞台の、
サークルの後輩である『黒髪の乙女』に恋する『私』の、恥ずかしいくらいの奮闘記デス。

最初は、『黒髪の乙女』に、完膚なきまでにヤラレました ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
ジャケ買いの原因となったルックスも然り。
加えて、『素直』を通り越してエキセントリックなまでの言動、端々から漂う『文学』の香り。
とどめは『うわばみ』 ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
…ま、言っちゃえば『大きなお友達』のハートを鷲づかみっ、にしてしまうキャラですなぁ。

ところがところが、読みすすめていると、だんだん『私』の方に感情移入してきます。

『私』は、今となっては珍しいようなオクテな学生です。
黒髪の乙女』に一目ぼれしたものの、直接ハナシをする勇気はありません。
そこで『私』は『外堀を埋める』と称して、
『ナカメ作戦』=『なるべく彼女の目にとまる作戦』を採ります。
…要するに、偶然を装って、彼女と出会う機会を何とか増やそうと言う…。
ストーカーじゃん… ヾ(゚д゚lll) ォィォィ...

でもね、つちねこ、ナンか他人事に思えなくて〜 (´ー`)
この『私』、たぶん、男子校出身デス。
そして、高校生活の最後は、めくるめく受験勉強に没頭する日々…。
めでたく大学に入った後も、プライドと気恥ずかしさから、『硬派』を隠れ蓑にしてみたり…。
そんな『私』が、ひょんなコトで一目ぼれしちゃったら…、まぁ、そーするしかないよなぁ、と。

つちねこも、中高の多感な時期をオトコまみれで過ごし、
浪人してやっと大学に入ってからも、オンナノコとはハナシも出来ませんでしたょ。
それが、同じ部活のオンナノコに一目ぼれしてからは、色々とね〜
(ストーカーはしてないデスっ ブン((-ω-。)(。-ω-))ブン )
挙句の果てに、もともと工学部志望だったけど、そのコが農学部に進むって聞いて、
自分も進学先を農学部に変更したしっ ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
しかもしかも、その直後にあっさりと振られてるしっ ( ;∀;)アハハハハハハ

…ま、それは置いといて。
彼女の姿を追い求めて七転八倒する『私』。
それでも彼女は、頻発する『偶然の出逢い』にも、『奇遇ですねぇ♪』 (*・д・*)ぇ...
永遠に続く『外堀埋め』にも疲れ、『私』はいつしか、自分自身にも自信を失くし、悩みます。

私は、実際のところ、彼女に惚れていないのではないか。

そんな『私』に、はたして『大団円』は訪れるのかっ? ┴┬|*´゚Д゚)。o○(ドキドキ)

…こうして書いてみると、ナンやら重ーいオハナシのようですが…。
実際は、ホントにコミカルな恋愛小説デス。
そして、いたるところに散りばめられた、軽妙洒脱なコトバの数々

「ただ生きているだけでよろしい」
李白さんはそんなことを言ったように思われました。
「美味しく酒を飲めばよろしい。一杯一杯又一杯」
「李白さんはお幸せですか」
「無論」
「それはたいへん嬉しいことです」

懐かしさのあまり彼女を悶絶させるこの絵本こそ、天下唯一の至宝であり、かつ私の未来を切り開く天与の一冊となるだろう。これを入手するということは、もはや彼女の乙女心を我が手に握ることに等しく、つまりそれは薔薇色のキャンパスライフをこの手に握ることに等しく、さらにそれは万人の羨む栄光の未来を約束されることに等しい。
諸君、異論があるか。あればことごとく却下だ。

「その前に聞きたい。結末はどうなる。ハッピーエンドか?アンハッピーエンドか?」
パンツ総番長が口篭ったので、私はその胸をぐいと押した。
「分かったよ」
パンツ総番長は呻いた。「ハッピーエンドだ。誰もが赤面することうけあいだ」
「それでよし!」


…まぁ、正直、文体についても、内容についても、
全てのヒトにオススメできるモノではないと思いマス。
でもでも、苦しくも甘酸っぱき時代に共感していただけるなら…。
特に『男子♪』にオススメな、極上の恋愛小説デス♪


(こちらは、ハードカバー版です。)

 
 
 
 

谷中〜千駄木を歩く

  1. 19:08:27
谷中銀座はネコの町♪
Leica M4-P / DR Summicron 50/2 / DNP Centuria 200

さてさて、"放浪つちねこ@東京"に戻りマス。

つちねこは、学生時代の内の7年間を、東京は文京区の春日という街で暮らしマシタ。
ココは後楽園〜本郷や上野・谷根千(谷中・根津・千駄木)にとても近く、
そんな古くからの街並みが、つちねこの遊び場デシタ。

久しぶりの東京、『昔の思い出に浸ってみよう (´ー`)』と思いマシタ。

とゆーワケで、まずは谷中銀座へ♪

夕焼けだんだん
Leica M4-P / DR Summicron 50/2 / DNP Centuria 200

Σ(ΦωΦlll)ナンデスト!??
…なんで、こんなに観光客がいっぱいいるの…?
つちねこがいたコロは、普通にお惣菜を買える程度の商店街だったのに…。

しかもしかも、この写真の場所『夕焼けだんだん』は、
ニャンコがいっぱいいるコトで有名なスポットだったんですけど…一人もいない…
ニャンコの溜まり場には、マンションが建ってました… il|li(つω-`。)il|li ヒドイヨ…

…あきらめきれずに、観光客をかき分けて、ニャンコをさがすつちねこ… (('д'o)キョロキョロ(o'д'))

ニャンコ発見♪
Leica M4-P / DR Summicron 50/2 / DNP Centuria 200

一人、見つけマシタ♪
再会を祝す♪ ((嬉´∀`嬉))ポョョン♪

さっそく、持ってきたカワハギをあげましたが…、噛み切れなかったみたい… (´・ω・`)

たたずむニャンコ
Leica M4-P / DR Summicron 50/2 / DNP Centuria 200

ツツジの中に佇んで、道行くヒトを眺めるニャンコ

街は観光スポットとなって観光客が溢れかえり、ニャンコも街から追われてしまって。
廻る廻るよ、時代は廻る
寂しいデスけど、コレが『時間』ってモノなんでしょうねぇ… ┴┬|ヽ(´ω-`;)ハァ...

東京の風情
Leica M4-P / DR Summicron 50/2 / DNP Centuria 200

それでも、街の佇まいは、まだまだ変わりません。
家も道も狭くて小さいですけど、甘く香る空気の中に、路地に溢れんばかりのお花が。
この眺めと雰囲気が、つちねこの大好きな『東京』デス♪

そう思って歩いてみれば、思い出のお店たちも、まだまだ元気デシタ。

マロ
Leica M4-P / DR Summicron 50/2 / DNP Centuria 200

お財布の中身が心もとないつちねこたちに、
お腹いっぱいの濃いい料理wwを食べさせてくれた"キッチン マロ"。

イルサーレ
Leica M4-P / DR Summicron 50/2 / DNP Centuria 200

ナニかの拍子でお金ができたトキの、デートの定番だった"イルサーレ"。

タバーン
Leica M4-P / DR Summicron 50/2 / DNP Centuria 200

ガールフレンドのお家に行くときの、お土産の御用達だったケーキ屋さん"タバーン"。

懐かしすぎデス♪ まぢ゙*。.+゚(つД`。)゚+。.*嬉しい!

…感涙に咽びながら、放浪するつちねこ ← 大げさデス
次に向かう先は、根津神社デス♪

 
 
Home
Home