つちねこ@Country Life

 
 

ちょっと悲しいコト

  1. 21:36:44
一人のあし
Nikon F3 / Ai-S 35/1.4 / Ilford XP2 400 Super

苫小牧の『街中』の歩道で見つけた、埋め込みのプレート。
その年に生まれたコドモの『足形』をプレートにして、記念に埋めてあるそうデス。
そう言えば、以前につちねこがプチ遭難したときにも、『結婚・出生の森』という同じような趣旨のモニュメント?がありましたねぇ…。

( ・ノω・)コッソリ つちねこは、『縁結び』のご利益があるトコロと勝手に勘違いして、命がけで行ってきたのに…。

苫小牧っていう街は、こんな感じで、産まれてくるコドモたちに対する目線が優しい街なのかなぁって、ちょっとだけ思いマシタ♪

そんなコトとも、ちょっとだけ関係するかと思うんですが…。
今日のタイトルの『ちょっと悲しいコト』。

ヒトって、良し悪しを超えて、色々なパーソナリティを持っています。
足形、手形、血液型もそうですし、場合によっては背負っているハンディキャップも、そのヒトの『パーソナリティ』でしょう。
そうした色々な『パーソナリティ』を、時には活かして、時には闘って、生きていくものだと思いマス。

ココロの病も、そうした『パーソナリティ』の1つだと、つちねこは思っています。

ココロの病について、つちねこは全てを知っているワケでは、もちろんありません。
ただ、つちねこの場合について言えば、『ココロ』のどこかに『足りないナニか』の分だけ、ぽっかり穴が開いているような、そんなニンゲンなんだと思っています。
(具体的には、ヒトとの付き合い方、自分との付き合い方が、うまく出来ないコト。)
それは、ハンディでもあると思いますが、それ以上に、『つちねこのつちねこたる所以』だとも、今は思ってマス。

…と、思ってはいるのですが、やはり辛いのが本当のところです。
『パーソナリティ』だ、とでも思わないと、ポジティブに考えることができない、というコトです。
ココロの奥の本音は、
つちねこは、そういう「詭弁」と「病名」に甘えているだけで、単純に逃げ出したいだけなんじゃないか?
という追求をやめることはアリマセン。


全ての欝の方がそうなのか、それは分かりません。
でも、多くの欝の方が、同じような自問自答を繰り返していると思いマス。

つちねこは、最初の仕事で上司とトラブルになり、同時期にした結婚でも両親とトラブルになり、負荷に絶えられなくなって欝症状が始まりました。
その後、ポストドクターという業務の性格上、期限付きの仕事にならざるを得ないことから、不安定な仕事と不安定なココロが錯綜して、症状が悪化しました。
昨年、長期にわたって休職し、そのことも原因の一つとなって、半年前、前の奥さんと別れることになりました。

つちねこの弟は、数年前に欝になり、しばらくして自殺しました。
そのころ、つちねこは家族と連絡を絶っていたので、詳しいことは分かりませんが、周りのハナシを聞いていると、『欝になって、仕事がマトモに出来ない自分を悲しんでいた』気配があったように感じマス。
弟の死後、ショックから母が欝になりました。
ショックそのものから、『なぜ、弟を救ってやることが出来なかったか』という自責へと、思考が移っていきました。
そして、今でも、完全には治っていません。
むしろ、治ること自体が『弟を忘れる』コトにつながると思い、拒否しているところがあります。

欝になる原因、症状の重さ、それは様々でしょう。
でも、欝とはそういうモノなんだと、つちねこは思いマス。

先日、衆議院議員の笹川堯氏が、こんな発言をしていました。

うつ病で休む教員が多いが、国会議員には1人もいない。気が弱ければ務まらない

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090314-00000095-mai-pol

つちねこは、政治向きのコトはあまり『語りたくない』のですが、このニュースだけは…、ちょっと悲しかったデス。

一字一句から見れば、そんなに問題は無いかもしれません。
確かに、『気が弱い』とされるヒトが、欝に『なりやすい』のかもしれませんし。
『気が弱い=欝になりやすい、ではない!』などという反論をされている方々もおられるようですが…。
そういう問題ではないんだと思いマス。

この発言の底に見え隠れする『欝=情けない』という考え方、それが問題なんだと思いマス。
そう思うのは、笹川氏をはじめとした方々の勝手です。
でも、その思いを、一番、ココロの中で繰り返しているのが、欝の患者、本人なんです。

一部では、この発言を批判するニュースやブログも見られますが、中には、こんな意見もありました。

> うつ病というのは逃げ場なのです。
> 他に逃げ場になるようなものには、アルコールをたくさん飲むとか
> 女(男)遊びをするとか、浪費するとか・・・があります。
>
> つまり、お金をじゃんじゃん使って好きな物を買ったり、
> 料亭に通って、芸者さんを相手に楽しくやっていれば、憂さ晴らしができて、
> うつ病にはなりにくいのではないでしょうか。

ステイメンの雑記帖への『桜子 (sakurako) ★ 』さんのコメント

繰り返しになりますが、笹川氏をはじめ、こうした方々の発言を『間違えである』とか批判する気は全くありません。
そう思うのは勝手ですし、もしかしたら正しいのかもしれませんから。
ヒトを傷つけるコトだって、『時には良し』と考えるヒトもいるでしょう。
(つちねこが、それに組するものではアリマセンが。)

ですが、その思いを、一番、ココロの中で繰り返しているのが、欝の患者、本人であると言うコト
それだけは、ナニカのカタチで残しておきたかったんです。

ブログのお友達で、もちを可愛がってくださる緑虫さんが、このコトを記事にしてくださったので、つちねこも『ナニかを残したい』と思いマシタ。
緑虫さん、ありがとうゴザイマス♪


中島みゆき 『永久欠番』

どんな記念碑(メモリアル)も 雨風にけずられて崩れ
人は忘れられて 代わりなどいくらでもあるだろう
だれか思い出すだろうか
ここに生きてた私を

100億の人々が
忘れても 見捨てても
宇宙(そら)の掌の中
人は永久欠番


p.s.
今日の記事は、いつも遊びに来てくださる方々に対して、コメを残していただくのが申し訳ない内容で、本来であればコメ欄をとじるべきかと思いました。
ですが、政治絡みというコトもあり、コメ欄をとじて反論の道を封じるコトはあるべき姿ではないものと思い、コメ欄を開かせていただきました。

 
 
Home
Home