つちねこ@Country Life

 
 

ふんどし!

  1. 21:22:01
つらら
Minolta XD / Frektogon 35/2.4 / Ferrania Solaris 200

高丘公園で見つけた『つらら』…。
暖かかったのでちょっと小さいですけど、雪国ならではの光景デス〜♪

もっとずーっと寒かった、数週間前くらいだと、つちねこアパートからも、でっかいつららが下がってたものですが。
そのくらい寒いと、写真を撮りにお外へ出る元気もなくなろうと言うもの!
雪国ならではの風景を撮ろうと思えるくらいで、かつお外に出ようと思えるくらいの天気…、なかなか上手く行かないものです〜。

さてさて、『寒い』というと、つちねこにはある思い出が…。

つちねこが学生時代に合気道をやっていたことは、以前に、このブログでもお話しました。
その合気道、他の武道にもよくあるように、1月のこの時期になると『寒稽古』というものがありました。
参加は自由なのですが、つちねこも一度だけ参加したことがあります。

『寒稽古』では、当然合気道もやるのですが、メインイベントは何と言っても『禊(みそぎ)』です!
男子はふんどし一本、女子は水着の上に襦袢を着て、冷水をかぶると言う…。
つちねこも、ふんどしを締めて、参加してきました〜。

この時のふんどしですが、数多あるふんどしの種類の中、『六尺ふんどし』が採用されてました。
『六尺ふんどし』については、こちらをご覧くださいマセ。

とりあえず、お話に大事(?)なのは、六尺ふんどしを締めた場合の後姿です。

六尺ふんどし

このようになっております。
このとき、股の間には、ふんどしの布が2回通っています←コレ重要!

さて、寒風吹きすさぶ東京の冬空の下、ふんどし一本 or 襦袢一枚で道場を飛び出したつちねこたち。
そのまま500mほど、禊の施設まで走っていきます。
禊の施設には、冷水をたたえた、長細いバスタブのようなモノが数本、備えられてます。
そのバスタブのふちに沿って立ち、水をかぶる準備をします。

『あさ〜ゆう〜に〜 かみ〜のぉ〜みまえに〜 みそ〜ぎ〜して〜 すめら〜のみ〜よに〜 つか〜え〜まつ〜らん〜 (朝夕に 神のみ前に 禊して すめらの御世に 仕え奉らん)』

ナゾの和歌を唱えた後、舟漕ぎという運動をし、いよいよ水をかぶります。

キエェェッェェェッェェェェ〜!!(#゚Д゚)

バシャバシャバシャバシャ〜!!

…さて、つちねこの両隣は、と言いますと〜。
右側は、女子部員の中で一番グラマラスなボディを誇っておられるS先輩♪
左側は、同輩のK君でした。
…当然、S先輩の方が気になるでしょ〜!!(゚∀゚*)
水に濡れた襦袢がダイナマイトボディに張り付いている様と言えば!
水着姿だけよりもエロチックというものです♪

…ところが、冷水が冷たすぎて何も考えられない!!(T▽T)
少しでも気を抜いたら、体を壊しそうな勢いなんです。
S先輩どころの騒ぎではありませんでした…。

…それでも、しばらくすれば水にも慣れてきて、周りを見渡す余裕も出てきます。
その時、ふと左側のK君を見たとき…?(゚□゚;)

Kく〜ん、尻!尻!

…えーと、ふんどしってやつは、昔流行った『Tバック』みたいなカタチです。(上の画像を見てください。)
ところが、K君のは、『Vバック』になってたんですね〜。
K君は、締め込みがゆるかったため、股のところから腰に向かって通した2本の布が、右と左に分かれてたんです。
…もう、集中することができません!
笑い出すのをこらえるだけで精一杯です!!
シチュエーション的に、K君に教えるわけにも行かず、ただ時が流れるのを待つだけの、つちねこでした〜。

…そんなバチアタリなつちねこの、このブログ!
色んな検索単語でたどり着いてこられる方がいらっしゃいますが、先日、ついに『ふんどし』で辿りついた方がいらっしゃいました♪
つちねこブログは写真ブログですよ〜!! ←ヾ(ーー )ォィ 説得力なし

 
 
Home
Home