つちねこ@Country Life

 
 

幸せ

  1. 21:06:10
赤い実
Nikon F3 / Ai-S 55/2.8 Macro / Fuji PRO400

お散歩をしていたら、赤い実を見つけました。
小さな小さな実でした。
なんという名前なのかは、知りません。
でも、寒い時期に実をつける植物にふさわしいような、トゲトゲを持った小さな潅木でした。
とてもとても赤い色で、その赤さがココロに沁みました。
苛酷な環境で必死に実をつける、その一生懸命さを現しているようで。
そして、実をつけたこと、そのことを誇らしげに語っているようで。

昨日は、また弱気になってしまいました。
それでも、暖かいコメントをいただいて、元気を貰いました。
どんな状況・環境でも、一生懸命、前を向いて進むことで、いつか実を実らせることが出来るんですよね。
そして、いつか「今のつちねこを見て」って言えるような、そんなつちねこになれるように。
少しずつでも、前を見て進みたいと思います。

それから、昨日いただいたコメントの中で、pipiさんから『時代』をプレゼントしていただきました。
中島みゆきさんは、つちねこが高校生のころから大好きなアーティストなんです。
ホントに、嬉しかったです♪

そして、昨日、暖かいコメントをいただいて思い出した曲があります。
本来は恋人同士を歌った曲なのかもしれませんが、つちねこは、恋人はもちろん、夫婦、親子、友人etc...、たくさんの『ヒトとヒトの関係』を歌った曲だと思っています。
辛いこと、悲しいことはたくさんありますけど、ブログや色々な関係を通して、たくさんのヒトと暖かいつながりを持てること、それは『幸せ』なんだと思います。



『糸』

なぜめぐり逢うのかを
私たちはなにも知らない
いつめぐり逢うのかを
私たちはいつも知らない
どこにいたの生きてきたの
遠い空の下ふたつの物語
縦の糸はあなた横の糸は私
織りなす布はいつか誰かを
暖めうるかもしれない

なぜ生きてゆくのかを
迷った日の跡のささくれ
夢追いかけ走って
ころんだ日の跡のささくれ
こんな糸がなんになるの
心許なくてふるえてた風の中
縦の糸はあなた横の糸は私
織りなす布はいつか誰かの
傷をかばうかもしれない

縦の糸はあなた横の糸は私
逢うべき糸に出会えることを
人は幸せと呼びます

 
 
Home
Home