つちねこ@Country Life

 
 

おちこんだりもしたけれど

  1. 19:33:51
『自分』
Sigma DP1

ブログの再開早々でアレですが、今日は、ちょっと泣き言になります…。スミマセン。

苫小牧に着いてから、予定していた役所めぐりが出来ず、時間が余ってしまいましたので、早めに、お世話になる病院へ行ってきました。

今までにも何度か書かせていただきましたが、つちねこは抑うつ状態になりやすく、そのために、あるいは『それを理由にして』、仕事が長続きしないことが多かったため、職を転々としてきました。
先日、元奥さんと離婚したのも、そんなつちねこに、彼女が付いて来れなくなったためでした。

これまでのお医者さんでは、つちねこは「適応障害のために抑うつ状態になりやすい」と診断され、対処療法的に、抗うつ剤を処方されてきました。

苫小牧でお世話になる病院に行ったところ、これまでの病歴や生い立ち・現在の状態などについて色々とカウンセリングを受け、また、つちねこのモノの考え方などについてもインタビューを受けました。
その結果、つちねこが職場などに適応できないのは、アスペルガー症候群の障害を持っている可能性が高いと診断されました。

アスペルガー症候群は、ヒトの感情や気持ちを察するなどの暗黙的なコミュニケーション能力に障害が生じる、自閉症の1種だそうです。
→ アスペルガー症候群.net
つちねこの場合は、乳幼期から感じ続けている『親からの圧迫感』が病的に強く、そのことに起因する、弱い発達傷害ではないか、とのことでした。

ヒトとのコミュニケーション能力に問題がある、ということで、比較的『好き』な相手とのみ付き合っていれば良い学生時代までは良かったのですが、相手の好悪にとらわれてられない『社会人』としてやっていくには、問題が大きかったのかもしれません。
そして、うまくヒトと渡り合うことが出来ず、仕事もこなせない状況で、徐々に孤立と焦りを深めていってしまう…。
その結果、抑うつ症状が出やすかった、という診断でした。

正直なところ、かなりショックでした。
子供のころからの自分のことが、うまく説明できるだけに、説得力もありました。

そして、そういう障害があるからといって、生活を放棄するわけには行かない現実。
自分にそういう資質があることは消せないので、新しい職場での仕事復帰は間近に迫っているのに、「また同じことを繰り返すかもしれない」という不安。
そんな漠然とした不安が、ココロに残って消えません。

そんな中で、昨日、元奥さんと電話しました。
「苫小牧に無事着いたら、その旨を連絡する」って言いましたので。
なるべく淡々と電話しようとしたのが悪かったのでしょう。彼女に激しくなじられました。

つちねこが周りの期待を裏切り続けてきたこと。
にもかかわらず、何の反省も見られないこと。
はっきり言って、『病気』としか思えないこと。
なのに、誰のコトバにも耳を貸さず、そんな『つちねこ』に合った生き方を探そうとしないこと。

最後に、「どうやっても『つちねこ』を受け止めることは出来ないから、よほど重要なことが無い限り連絡しないように」、と。
そして、「仮に破滅しても、反社会的な行動はとらないように」、と。

落ち込みました。
全部、その通りなんです。それは分かっているんです。
自分では反省したつもりになっても、それを次に活かすことができず、同じことを繰り返してきました。
そんなつちねこに合った生き方が、別にあるのかもしれませんが、それを探す努力をせず、今までの延長線で生きています。
そういったことが分かっているつもりなだけに、辛いコトバでした。

でも、それから、思いました。

客観的な、そういう『つちねこ』の在りよう、そして診断された障害、そういったものを受け止めないと、本当に『同じことの繰り返し』になってしまいます。
歪んでいても、でこぼこでも、それが『つちねこ』であるならば、そんな自分をつちねこ自身が受け止めて、受け入れてあげないと。
『本当に受け止める』というのは、口で言うほど簡単なことではないと思うけれど。
でも、少なくとも、自分の姿というものから、逃げないようにしよう、と。

「前に進みたい」って思ったのはつちねこ自身で、その気持ちは、今でも変わりません。

地面に落ちた、つちねこの影は、つちねこの姿をしているでしょうか。
これが『つちねこの姿』であるならば、少なくともその一部を現しているならば、この影から目を逸らさないようにしようと思います。

今は、
『おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。』 from "魔女の宅急便"

<追記、とゆーか、どーでもいいコト>
ホントにどーでもいいけど、つちねこの"影"って、てるてる坊主みたいな…。
このときは赤いマントを着てたんですが、周りから見たら、『赤いてるてる坊主』だったんだろうなぁ…(´・ω・`)

 
 
Home
Home