つちねこ@Country Life

 
 

ちょっと怒ってたりするんです(怒`・ω・´)

  1. 08:34:38
怒りの像…デワナイノデスガ
Nikon FTN / Ai 85/1.8 / FOMAPAN 200

写真のお方は、別に怒ってるわけではないのですが(笑)
まぁ、こんな感じで、【#・∀・】ムカムカ な、つちねこです。

新しいお家も無事に決まりました。
つちねこは、本棚を3つ持ってるなど、一人でもわりと荷物持ちなんです。
なので、ちょっと広めのところ(2LDK)を借りたんですが…。
(LDKと、書斎と寝室兼物干し部屋って感じで。)

ウチの親に、保証人をお願いする過程で、お家の間取りなんかも伝えたんですね。
で、話の流れで帯状疱疹の話になって、どんな病気か、もと奥さんが調べてくれたことなんかも伝えちゃったのが間違いの始まり…。

はっきりは言わないんですけど、どーも、「そんなに広い家を借りたのは、もと奥さんと復縁する気があるからに違いない」と思ってるようで。

うちの両親、もと奥さんと折り合いが最悪でして。
結婚式の1週間前に、ウチの父が、もと奥さんを酔っ払って馬鹿にしたところからこじれ始め、それにぶち切れた彼女にびっくりして、「結婚式には出ない!親族にも欠席させる」とか言い出す始末…。
後から考えると、こちらから「謝るから何とか出てくれ」って言ってくるのを待ってたらしいんですが、つちねこも「出なくていいよ」って言ったもんで、振り上げたコブシの降ろし所が無くなって、結局結婚式には出なかったとゆぅ…( ̄∇ ̄;)
そんなところから始まったので、まぁ、折り合いもつきませんわぁ〜。

なもんで、もと奥さんと離婚して、一番ほっとしているのは両親だったりするんですが。

それが、「復縁のニオイ」を感じ取ってしまったから、もぅ、へそを曲げまして…。

つちねこは、引越し費用などで親に借金があるんですが、昨日、引越し日程のことで電話しましたら、
「借金はしっかり返すように」との念押しから始まり、その上で、
「つちねこが職を点々とするようになったのには、もと奥さんとの家庭生活が上手くいってなかった事が大きな原因なんだから、そのことを忘れるな」などと、のたまい始めて…。

話し始め一番に、借金の話をして何も言えなくしておいて、その上で、「自分達がして欲しくない」復縁の話を、さも「つちねこの心配をしている」ように言ってくるってのは、どーよ!( ̄□ ̄#)

…、まぁ、そういう人たちだってコトは、昔から分かってたことなんですけど。
だから、早く、家を出たかったんだよなぁ…。

それ以上に悲しいのは、ホントに悲しいのは、やっぱり、お金のことで弱みがあるってことは、ホントに悲しいことだなってコトで。
ちゃんと稼いで、私的には借金の無い体になって、堂々と生きていけるように早くなりたい…。

ま、ある意味、仕事へのモチベーションが高まってきました。
「早期借金返済!」をスローガンに♪ (っ`・ω・´)っ

 
 
Home
Home