つちねこ@Country Life

 
 

ちょっと、落ち着きました

  1. 21:34:19
また、彼女と電話しました。
彼女の正直な気持ち、僕の「いいところ」と「悪いところ」を天秤にかけたら、後者が重いということです。
でも、今の状況に至ってしまったのには、僕の両親の介入がある(彼女に嘘をついたり、連絡を取らせなかったり。まあ、「僕を守るため」、なんですが。)ってことで、僕に「かわいそう」っていう気持ちもあるみたいです。
だから、今のところは、結論は出さないで、保留ってことになりました。

でも、それはそれとして。
彼女に対する僕の手紙、先日のエントリーなどで書いたように、彼女に依存して生きてきた僕の気持ちとはさよならしようと思います。
もし、彼女とやり直せるとしても、自分の足で立って、彼女と向き合おうと思います。

 
 
 
 

静かに、咲く

  1. 15:28:50
静かに、咲く
Leica IIIb / Summitar 50/2 / KODAK 400UC

この花、つちねこの最初の印象は、「寂しそうに咲いているな」でした。
どことなく頼りなさげで、頭を垂れているようで。

でも、今は、考えがちょっと変わってきました。
「一人で咲いている」のは「強く生きている」わけで。
彼は、すごくすごく強い花なんだなって。

おとといのエントリーで紹介した曲。
つちねこの頭の中で、ぐるぐるとリフレインしています。
ものすごく熱い曲です。熱いバンドです。
ちょっと間違えると、暑苦しいんですが…(笑)。
THE BLUE HEARTS(懐かしいなぁ)とか、苦手じゃない人、ぜひ、聞いてみてください。
まだ、メジャーアルバム1枚の、ほやほやのバンドみたいですが。

SHORT LEG SUMMER

 
 
 
 

手紙を書きました

  1. 08:09:10
自分の気持ちに整理をつけるために、妻へ手紙を書きました。
書いてみたら、「ありがとう」と「ごめんなさい」ばかりの手紙でした。
最後まで、未練がましい男です…。

この手紙で、僕の中の妻への想いとさよならします。
一生、妻のことを、妻との思い出を忘れることはないでしょう。
今でも、妻との、ほんの小さな、でも宝物のように楽しかった思い出が、次々に思い出されます。

でも、そんな想いが、妻を僕から逃さず、苦しめていました。
だから、これで、さよならです。

妻とのことで、応援してくださった方々、ありがとうございました。
僕の、いい加減な生き方のために、妻も、みなさまも裏切ってしまいました。
本当に、申し訳ありません。

 
 
Home
Home
Next
Next