つちねこ@Country Life

 
 

果て (モノクロでいってみましょ その2)

  1. 20:20:42
果て (モノクロでいってみましょ その2)
Hasselblad 500C/M / Distagon 50/4 / FOMAPAN 100

昨日の線路脇
から、線路の中へ入ってみました。
…、なんかすごい危険なことをしてるような気もするんですが…( ̄ー ̄;)

つちねこは、小さな頃から鉄道が大好きだったそうです。
「そうです」っていうのは、記憶のない、赤ちゃんだった頃からだそうと、伝え聞いてるからでして。
まだ1歳くらいで抱っこされてる頃から、線路脇で電車が走るのを見せるとすごい喜んでたそうです。← すっげー変な赤ん坊…

そのせいかどうかは分かりませんが、線路とか道とかに、郷愁というか、独特の想いを感じます。
「ここではないどこか」への憧れというか…。

もう一つ、つちねこにとっての「男」性の象徴かもしれませんね。
ほら、つちねこってパタリロだから、「男」性も「女」性も持ってなくて… ( ̄∇ ̄;) ハッハッ
だから、どちらにも魅かれるんです。
線路のイメージとしての、「果てへの飽くなき挑戦」。
それを「男」性の象徴として、憧れてるのかもしれない。そんなことを思いました。

 
 
 
 

泣いて、笑うこと♪

  1. 12:13:42
先日の泣き言エントリーから、みなさまには暖かい言葉をいただき、本当にありがとうございます。

あれからも、ちょこちょこと、小さいことがありました。
また、泣き言になってしまいますが…。

つちねこは、病状から、センシティブなことについては自分で決めないほうがいいって病院から言われてます。なので、この歳で情けないんですが、細かいことの判断も親に委ねてる状況でして…。
昨日も、相方との連絡を取りたいと親に言ってみたのですが。
結婚時の衝突から、つちねこの親は相方との接触に非常に敏感で、「まだ駄目!」ってことになってしまいました。
食い下がっても、「つちねこの面倒は俺たちが見てるんだから、従ってもらわないと困る」って。
経済的に頼ってる今の状況で、それを言われてしまうと返す言葉がなかったです…。

めちゃめちゃ、悔しかったです。
親に対してもそうですが、何より、何もできない自分に対して。

でも、今はだいぶ落ち着いてます。
昨日の夜、ブルーベリー酒飲んで、一人で泣いて。
今朝、すごく落ち込んで、しばらく起きられなかったけど、ブログに遊びに来てくださったみなさんのコメントを読んで、感動したり笑ったりして。

泣いて、笑って。それで心が軽くなって。
それで、また、泣き言だけど、書いてみようかなって思いました。

こんな風に思えるようになったの、皆さんのおかげなんです。
つちねこは、感情を表に出すのが苦手です。
でも、つちねこのブログに来てくださる人、写真を見てくださる人、コメントを残してくださる人。
皆さんのおかげで、つちねこは泣いたり笑えたりできるようになりました。

泣いて、笑って、話して。
それで、壊れた心のかけらを、一つ一つ元に戻していく。
そんな、当たり前のことができるようになりました。

本当に、ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いします。

つちねこの写真も、心に、ほっとする小さな何かを残すことが出来たら、嬉しいです。
路傍に、ほっこり咲いてる、小さな花みたいに。

泣いて、笑うこと♪

 
 
Home
Home